« 琴(きん) | トップページ | 筝(そう) »

2005年8月 1日 (月)

和琴

001koto(写真は風俗博物館2001年展示「春の遊び 蹴鞠」より、平安時代の代表的な絃楽器4種。右から2つ目が和琴です)
日本古来の六絃の長胴チター属撥絃楽器。「やまとごと」「あづまごと」「書司(ふんのつかさ)」などとも呼ばれます。
桐を刳り抜いて表面全体を火で焼き焦がし、上面に絹の絃を張ります。
絃は尾部で「葦津緒(あしづお)」と呼ぶ四色の絹糸を編んだ紐に結びます。
本(頭部)が狭く、末(尾部)がやや広い形状で、大きさは全長約188~197cm、本の幅約15cm、末の幅約24cm。

和琴はその名に「琴」の字を用いますが、可動式の琴柱を立てて調絃しますので、楽器の種類としては琴(きん)よりも筝(そう)に近い楽器です。
右手で「琴軋(ことさき)」と呼ぶ小さな箆のようなものを持って掻き鳴らし、左手の指で弾いて演奏します。
演奏時は、本が奏者の正面に、末が左にくるように楽器を置きます。
座奏が普通ですが立奏もあり、『春日権現験記』には琴持(奏者の隣で琴を支える役の人)を伴って立奏する様子が描かれています。
神事用の神聖な楽器として神楽などで演奏された他、他の楽器との合奏や催馬楽などにも多く用いられました。
音階は律旋(中国の俗楽の音階。西洋音楽の短調に近い)が基本で、呂旋(中国の正楽の音階。西洋音楽の長調に近い)の曲の演奏にはより高度な技術が必要とされるようです。

『うつほ物語』では古めかしい地味な楽器という扱いを受ける和琴ですが、『源氏物語』ではその音色は「いまめかし」「おほどか」と形容され、盛んに演奏されている様が描かれます。
『源氏物語』で和琴を演奏する人物は、光源氏の琴と並ぶ当代随一の和琴の名手である頭中将を筆頭に、源氏、玉鬘、柏木、紫の上、落葉の宮、夕霧、薫、冷泉院などの名前が挙げられます。
琴に比べると、演奏者の顔触れは随分と多彩です。
頭中将・柏木親子が名手とされ、また竹河巻では薫の演奏に玉鬘が柏木の琴の音を思い出す件があり、更に琴が皇統の楽器と言われることとの対照もあって、和琴は頭中将の血筋の楽器という印象がありますが、実態はそうとも限らず、身分の上下を問わず幅広く愛好された楽器として描かれているのだと思います。

常夏巻には源氏が玉鬘を相手に和琴について語る場面があり、また若菜下巻の女楽の場面では紫の上の和琴の華やかで自在な演奏が特筆されます。
それらの記述からは、琴とは対照的に、深遠な演奏の境地などというものはなく誰もが手軽に嗜める一方、定まった奏法がなく演奏には奏者の個性が大きく反映され、本当の名人の域に達するのは極めて難しいという和琴の特性が窺われます。

003wagon中国伝来の最も正統・尊貴な楽器として重んじられた琴を一方の頂点とするなら、和琴は神事に演奏する日本古来の神聖な楽器として、また広く人々に親しまれた素朴な楽器として、もう一方の頂点を成していたのだろうと思います。

上の写真は、風俗博物館2001年展示「女楽」より、和琴を弾く紫の上です。

【参考文献】
秋山虔, 小町谷照彦編『源氏物語図典』小学館 1997年
東儀信太郎[ほか]執筆『雅楽事典』音楽之友社 1989年
平野健次[ほか]監修『日本音楽大事典』平凡社 1989年
中川正美著『源氏物語と音楽』和泉書院 1991年
利沢麻美著「源氏物語における方法としての音楽−「若菜下」巻の女楽について−」(「国語と国文学」70巻1号 1993.1)

【写真提供】
小池笑芭さん(2枚とも)

|

« 琴(きん) | トップページ | 筝(そう) »

平安の風俗」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113097/5243986

この記事へのトラックバック一覧です: 和琴:

« 琴(きん) | トップページ | 筝(そう) »