« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の記事

2005年9月30日 (金)

「御前の壺前栽」と京都御所の萩壺

御前の壺前栽のいとおもしろき盛りなるを御覧ずるやうにて、忍びやかに心にくき限りの女房四五人さぶらはせたまひて、御物語せさせたまふなりけり。

桐壺の更衣を失った年の秋、ある野分めいた夕暮れに帝は靫負命婦を弔問に派遣します。
命婦は更衣の里邸を訪れ、帝の文を渡して更衣の母北の方と第二皇子(=光源氏)の参内を促し、嘆きの底にある北の方と語らって夜更けに宮中に帰参しますが、帝はまだ寝所に入らず、「御前の壺前栽」をぼんやりと眺めながら女房達に話をさせていました。

御前の壺前栽」は、清涼殿の西側、清涼殿と後凉殿との間にある壺庭に植えられた前栽を指します。
清涼殿と後凉殿は北・中・南の3本の渡廊でつながっていて、廊と殿舎に囲まれて2つの壺庭ができていました。
それらの壺庭は、北側を朝餉壺(あさがれひのつぼ)、南側を台盤所壺(だいばんどころのつぼ)と呼びました。
台盤所は女房の詰所ですので、この場面で帝がいたのは朝餉間の筈で、その前に位置する朝餉壺の前栽を見ていたと思われます。
命婦を派遣したときも「やがて眺めおはします」と記されていますので、夕方からずっと朝餉壺を眺めていたのではないでしょうか。

ところで、現在の京都御所では、清涼殿と後凉殿との間に相当する清涼殿と御車寄との間の空間がやはり壺庭になっていて、「萩壺」という名がついています。
残念ながら参観コースには入ってないのですが、京都御所のパンフレットなどには写真が載っていて、白砂の庭のそこここに赤紫や白の萩が植わっているのが確認できます。
この「萩壺」、いつからこうした形の庭につくられ「萩壺」と名付けられたのでしょうか。

帝は、北の方へ送った文の中の歌で第二皇子を「小萩」と詠んでおり、あるいは「御前の壺前栽」は萩を中心とした秋の草花だったのではないかとの想像を掻き立てられます。
ですが調べてみた結果は、『大内裏図考証』にも歴史事典の類にも「萩壺」の名は全くありませんでしたし、正にこの壺庭で催された康保三[966]年八月十五日の内裏前栽合でも萩を詠んだ歌は1首もなく、平安時代の朝餉壺に萩が植わっていたかどうかすら疑わしいのが現実でした。

そうなると今度は逆に、『源氏物語』のこの場面に因んで、近現代になってから壺庭に萩を植えて「萩壺」と称するようになったのではないか?との想像が生じてきます。
実際のところ由来や作庭の経緯は見つけることができなかったのですが、もし仮にそうだとしたら、この庭と「萩壺」という名前は、京都御所と王朝文化の残照を守ってきた人々による『源氏物語』享受のひとつの形な訳で、それはそれでとても素敵なことではないかと思います。

萩の花は、紫の上の死を語る御法巻でも印象深い形で登場します。
桐壺の更衣と紫の上の死の場面が叙述の上で極めて似通っていることは、既に沢山の研究者によって指摘されていますけれど、その両方に萩と露を吹き払う風が描かれていることを考えると、この場面で帝が眺めている前栽には萩が植わっていてほしいと願ってしまいます。
そして、同じように考えた人が京都御所のあの場所に萩を植えたのではないだろうか…と、つい空想してみたくなってしまうのです。

この場面の読みとレスのやり取りは、「桐壺」巻の読みのページからご覧いただけます。
(第二章第三段の最初の部分がこの場面にあたります)

【参考文献】
[裏松光世著];故實叢書編集部編『大内裏図考証』(明治図書出版 1993年)
古代学協会, 古代学研究所編『平安時代史事典』(角川書店 1994年)
国史大辞典編集委員会編『国史大辞典』(吉川弘文館 1979-1997年)
「新編国歌大観」編集委員会編『新編国歌大観第5巻 歌合集』(角川書店 1987年)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月23日 (金)

カテゴリ追加

新しいカテゴリ「資料紹介」を追加しました。
各記事の末尾にも参考文献を載せておりますが、中でもよく使う資料については、執筆者・出版者の方々への感謝を込めて、1つずつご紹介していきたいと思います。
このBlogをご覧になった方が「自分でも調べてみたいな」と思ってくださったときに、その足がかりをご提供できればと思っております。
どうぞご参照ください。
(その割には最初のご紹介が絶版本で、大変恐縮です…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『平安時代史事典』

古代学協会, 古代学研究所編;角田文衞監修 角川書店 1994年刊行。
上下巻+資料・索引編の3冊構成。
その名のとおり、平安時代に的を絞って関連する事柄を網羅した、類書の存在しない優れた事典です。

このBlogの記事を書くにしろ、源氏の部屋に掲載していただいている風俗博物館展示レポートを書くにしろ、筆者の下調べは常に、行き付けの図書館でこの事典を引くところから始まります。
ひとつひとつの解説は簡潔ながら、史料の例示が充実しており、代表的な研究書や論文も挙げられているので、基礎知識を得る上でも、またより深く調べたいときの取っ掛かりとしても最適です。
本編もさることながら資料・索引編も非常にお値打ちで、桂宮家本『類聚雑要抄』の全巻カラー図版や長岡京・平安京の条坊図、歴代後宮・斎宮・斎院・女院の一覧表などが収録されている他、読みのわからない人名や事項名を最初の漢字の画数から引ける索引が付いています。
『源氏物語』読者向けに平安時代の制度や生活習慣・文化などを解説した本は数多く出版されていますが、それらの記述からもう1歩踏み込んで詳しく知りたいと思ったときには必ず役に立つ、頼もしい存在です。

筆者にとっては是非とも手許に備えて座右の書にしたい本で、平安文学・平安時代好きの皆様にもお薦めしたいところなのですが、目下のところ絶版で手に入りません。
古書も12万~20万円などというとんでもない高値がついているそうで、とても一般人が手を出せるものではありません。
現在、出版者に対して絶版本の復刊交渉を行ってくれる復刊ドットコムで100票を越える復刊希望が集まり、角川書店に連絡がされているのですが、100票では復刊は難しいとのこと。
しかし、300票集まれば復刊の用意があるそうです。
(情報ソースはぼんやり夫人さんのBlog平家物語の記事「平安時代史事典」)

この記事を書いている2005年9月23日現在の投票数は108票。
300票まではまだまだ長き道のりです。
ですが、このBlogのようなマニアックな記事をご覧になって、ご興味を持ってくださる方でしたら、きっとこの本の必要性をご理解いただけると存じます。
まだこの本をご存知ない方は、是非一度図書館でご覧になってみてください。
そして、復刊リクエストにご協力をお願いいたします。
お名前とメールアドレスをご登録いただくと、投票が可能になります。
どうしても復刊させたい本です!
皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

平安時代史事典(角田文衞) 復刊リクエスト投票

【2006.11.8追記】
CD-ROMでの復刊が実現し、投票が終了しましたのでリンクを解除しました。ご協力くださった皆様、ありがとうございました!
復刊版については、当Blogの『平安時代史事典 CD-ROM版』をご参照ください。

【この記事からのトラックバック】
平安時代史事典(平家物語)
平安時代史事典(晴れのち平安)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月22日 (木)

高麗笛

011komabue(写真は、2004年風俗博物館展示「季の御読経」より、高麗笛を持つ高麗楽の楽人)
高麗楽や催馬楽に用いる横笛の一種。
中世以降は、歌笛(中管)の代用として東遊にも用いられるようになりました。
長さは約36.5cmで竜笛よりもやや小さく、径も細いため、その分竜笛より高く鋭い音が鳴ります。
外見は竜笛と似ていますが、指孔の数は6個と竜笛より1個少なく、竹の表皮を残したままとすることが多いのも異なる点です。
頭部の端には、竜笛の赤地錦とは対照的に青地錦を用いるのが普通です。
(この色の選択は、雅楽の左方・右方の衣裳の対比に合わせてのものかと思われます)

指遣いや演奏方法などは竜笛と同じで、雅楽では篳篥とほぼ同じ旋律を奏でる点、合奏が高麗笛の独奏から始まる点も竜笛と共通しています。

平安文学では、高麗笛とはっきりわかる例は少なく(あるいは「笛」とだけ書かれているうちのいくらかは竜笛ではなく高麗笛なのかもしれません)、『源氏物語』に4例を数える程度です。
しかも4例の中で演奏する場面は末摘花巻の左大臣(光源氏の舅)と若菜下巻の光源氏の2例のみで、あとは贈り物として登場します。
梅枝巻で光源氏から蛍宮へ、若菜上巻で同じく光源氏から太政大臣(=頭中将)へ、そして若菜下巻で女三の宮から光源氏へ(この贈られた笛を光源氏が吹くのが、上に挙げた2例目です)。
いずれも疎かにできない重々しい身分の人物に贈られており、格式の高さが感じられますが、これが当時の価値観なのか作者の好みなのかを判断するには些か材料が少なすぎます。
ただ、「高麗の紙」や「高麗の錦」といった朝鮮半島及び渤海に由来するものを作者が好んだらしいことは、『源氏物語』の表現から窺い知ることができ、この点については、いずれ別記事にまとめてみたいと思っております。

012komabue_2若菜下巻の女楽の場面では、光源氏が高麗笛を吹くと即座に夕霧が竜笛を吹き合わせます。
雅楽では左右に分かれて一緒に演奏することのない高麗笛と竜笛ですが、笛同士で合奏するときもあったことを教えてくれる描写です。
竜笛も高麗笛も含めて、横笛という種類の楽器がそれだけ平安貴族にとって身近な楽器だったということだろうと思います。

上の写真は、2001年風俗博物館展示「女楽」より、光源氏に高麗笛を差し出す女三の宮の童女です。

【参考文献】
秋山虔, 小町谷照彦編『源氏物語図典』小学館 1997年
東儀信太郎[ほか]執筆『雅楽事典』音楽之友社 1989年
平野健次[ほか]監修『日本音楽大事典』平凡社 1989年
上原作和編「源氏物語音楽用語事典

【写真提供(女楽)】
小池笑芭さん

【この記事からのトラックバック】
雅楽の楽器:高麗笛(雅楽のウェブログサイト/ kenken’s 雅楽)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月17日 (土)

「憎みたまふ人びと」の論理

内裏より御使あり。三位の位贈りたまふよし、勅使来てその宣命読むなむ、悲しきことなりける。女御とだに言はせずなりぬるが、あかず口惜しう思さるれば、いま一階の位をだにと、贈らせたまふなりけり。これにつけても憎みたまふ人びと多かり。もの思ひ知りたまふは、様、容貌などのめでたかりしこと、心ばせのなだらかにめやすく、憎みがたかりしことなど、今ぞ思し出づる。

宮中の人々の敵意を一身に負った桐壺の更衣は、内裏を退出したその日のうちに亡くなりました。
その葬儀に際し、桐壺帝は勅使を派遣して従三位を追贈します。
それにつけても非難の声は大きく、亡き更衣を憎む人々が多かったけれど、「もの思ひ知りたまふ」人は、更衣の美点を今更ながらに思い出した…と原文は語ります。

更衣の加階によって、息子の第二皇子(=光源氏)の立場に変化はあったのだろうか?
掲示板でそんな質問が出されたのをきっかけに、親の死後加階と子供の地位の関係を調べてみました。

参考になるのは、桐壺巻の執筆よりは確実に後のことになりますが、三条天皇皇后・藤原娍子の立后に先立って、娍子の父・済時に右大臣(『公卿補任』『尊卑文脈』に拠る。『大鏡』『栄花物語』では太政大臣)の地位が追贈された史実です。
『大鏡』『栄花物語』における記述の詳細は、藤原済時への贈官(『大鏡』の記述)としてUPしてありますのでご参照ください。

この例を踏まえると、第二皇子はこの後、四位の更衣から生まれた子ではなく三位という高位の母をもつ子として待遇されることになります。
平安時代において、三位以上と四位以下とは明確に区別されました。
(例えば、四位以下の人が亡くなったときは「卒」と称するのに対して三位以上は「薨」と称しますし、四位以下の女官は輦車の宣旨の対象外なのもその一例でしょう)
従四位下程度で女御宣下がなされる例も少なくないことを考えるなら、三位の母から生まれた皇子というのは相当に高い出自になるのではないでしょうか。

となると人々は、亡くなった桐壺の更衣本人より、残された第二皇子の格が高まることにこそ敏感に反応したのではないかと想像できます。
桐壺の更衣への加階は、死後ほどなく実施されたと考えられます。
(通常の追贈は、葬送に先立って故人の邸を勅使が訪れ、棺の前で宣命を読み上げるものだったそうです)
加えて、更衣の従三位加階は歴史上に例がありません。
この即断・異例の措置が、後宮での勢力争いに凌ぎを削る人々に
「桐壺の更衣が第二皇子立坊を懇願したがために、帝はその遺言を叶えるべく第二皇子の地位を高めようと更衣への贈位を行ったのではないか」
との疑惑を抱かせたのではないでしょうか。
この、いわば「自分の産んだ皇子を立坊させようとの野心から、死して尚帝を操る悪女」という想像の桐壺の更衣像が、人々の憎悪の源なのではないかと思うのです。
そう考えると、更衣を憎む人々が多い中で、非情な政治の論理に捕われず濃やかな感情をもつ「もの思ひ知りたまふ」人だけが美しく心優しい桐壺の更衣の実像を思い出している…という後文との対照もはっきりします。

どこまでも公的秩序・政治の論理に絡め捕られた桐壺帝と桐壺の更衣の悲恋の特質が、「憎みたまふ人びと」の点描から浮かび上がってくるように思います。

【参考文献】
古代学協会, 古代学研究所編『平安時代史事典』(角川書店 1994年)
『日本史大事典』(平凡社 1992-1994年)
高田信敬「桐壺外伝―三位のくらゐ贈りたまふ―」(「むらさき」24号 1987年)
吉海直人著『源氏物語の視覚 : 桐壺巻新解』(翰林書房 1992年)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月10日 (土)

竜笛

010_2ryuteki(写真は、風俗博物館実物大展示室に備え付けられている竜笛)
雅楽の唐楽や催馬楽で使用する中国伝来の笛。
雅楽では「横笛(おうてき)」とも呼び、古典文学では主に「横笛(よこぶえ)」または単に「笛」と呼ばれます。
竹製で、長さ約40cm。太さは頭部の方がやや太く、尾端で約1.2cm。
表皮を剥ぎ取って形をつくり、歌口(吹き口)と7個の指孔の計8個の穴を一直線上に空け、頭の一部と穴の部分を除く全体を、桜の樹皮を細く切ってつないだ糸状のもので巻いて漆を塗ります。
頭部には、重心を調整するために鉛の棒を詰め、赤地錦で包んだ木栓を端に埋め込みます。

演奏は、歌口が左にくる向きに構え、上の3孔を左手の人差し指~薬指、下の4孔を右手の親指以外の4本の指で押さえます。
唐楽において最もよく使用される楽器で、普通の唐楽曲の合奏は竜笛の独奏で開始され、篳篥と共に主旋律を奏でます。

平安貴族の男性にとっては音楽の教養の基本とされた楽器で、村上天皇や一条天皇は笛の名手だったと伝えられていますし、平安文学では、貴公子がふとした折に懐から取り出して吹いたり、女君の奏でる絃楽器と合奏したり、と盛んに登場します。
『枕草子』第207段「笛は」で真っ先に挙げられているのもこの竜笛で、
車にても、徒歩よりも、馬にても、すべて懐にさし入れて持たるも、なにとも見えず、さばかりをかしきものはなし
と記され、常日頃からさりげなく懐に入れて持ち歩いていた様子が窺われます。
尤も、竜笛がこんな風に身近な存在だったのは男性だけで、女性が演奏することは当時ありませんでした。
『とりかえばや物語』で懐妊のため都から姿を隠す女大将が
幼くより手馴らしたまひし横笛ばかりぞ、吹き別れなんかなしさ」(巻三)
を思うのも、そうした当時の習慣に拠ります。

010ryuteki『源氏物語』でも一番多く登場する管楽器で、主人公クラスの上流貴族達が雅やかに横笛を吹く様が折々に描かれています。
光源氏が琴の琴に次ぐ得意な楽器としている他、頭中将や左馬頭の知人の殿上人、民部大輔(光源氏と共に須磨へ下向した従者)、夕霧、夕霧の長男、柏木(ただし演奏場面なし)、紅梅大納言の若君、薫、中将(小野の尼君の娘婿)など、奏者がはっきりするのは中~上流階級に属し風流人として描かれる人々ばかりです。
中でも薫の横笛は、柏木遺愛の笛を受け継ぎ、その音色も八の宮に
致仕大臣の御族の笛の音にこそ似たなれ」(椎本巻)
と呟かれるなど、薫の出生の秘密に関わる大きな存在となっています。
また、牛車の中など移動中に演奏する描写が多いのも他の楽器にはない特徴で、笛の音を遠く響かせながら大路を行く様子は、『枕草子』や『蜻蛉日記』にも風情のあるものとして点描されています。

尚、宮中には多くの竜笛の名器が伝わっていたようで、『枕草子』第89段「無名といふ琵琶の御琴を」には、水竜、小水竜、釘打、葉二といった名前が記されています。

上の写真は、2004年風俗博物館出張展示「一条帝による土御門邸行幸」より、竜笛を吹く唐楽の楽人です。

【参考文献】
秋山虔, 小町谷照彦編『源氏物語図典』小学館 1997年
東儀信太郎[ほか]執筆『雅楽事典』音楽之友社 1989年
平野健次[ほか]監修『日本音楽大事典』平凡社 1989年

【この記事からのトラックバック】
雅楽の楽器:龍笛(竜笛)(雅楽のウェブログサイト/ kenken’s 雅楽)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

輦車の宣旨~桐壺の更衣の退出~

輦車の宣旨などのたまはせても、また入らせたまひて、さらにえ許させたまはず。

危篤に陥った桐壺の更衣が内裏から退出する場面、帝は「宮中を死で穢してはならない」という掟のため、最愛の人の最期を看取ることもできず、泣く泣く更衣を実家へ帰します。
その際に帝は、せめてもの誠意とばかりに、更衣に対して輦車の宣旨を下します。

輦車は「てぐるま」と読み、その名のとおり人が手で引く車です。
『石山寺縁起絵巻』には、車の前後に4人ずつが付いて8人で輦車を引く様子が描かれています。
専ら、原則的に車馬乗り入れ禁止の大内裏の中での乗用に用いられました。

輦車の宣旨は、その輦車での参内・退出を許す勅命で、輦車に乗る人の性別によって宣旨の出し方も通行できる範囲も異なりました。
ここでは女性の場合のみご説明します。

女性は身分に応じて、大内裏内のある程度のところまで牛車で行くことが許されていました。
『延喜雑式』によると、妃・夫人・内親王・命婦・三位・嬪・女御・孫王・大臣の嫡妻は宮門(内裏の外郭を為す門)の外まで、四位以下と内侍は衛門陣(宜秋門・建春門)の手前まで、と規定されていました。
そして妃以下大臣の嫡妻以上は、宮門の内側での輦車の使用が認められました。
これも身分によって乗用できる範囲が決まっていて、妃は自分の賜った殿舎まで、夫人・内親王は温明殿か後涼殿の裏手まで、命婦・三位の女官・嬪・女御・女王・大臣の嫡妻は兵衛陣(陰明門・宣陽門)まで、となっていました。
また、輦車を使うにはその都度宣旨を賜る必要がありました。

で、桐壺の更衣の場合ですが、彼女はその死後に三位追贈の記述が出てきますので、この時点ではまだ四位ということになります。
ですから、本来ならそもそも輦車の宣旨が下る身分ではないのです。
しかも、このとき更衣はほとんど意識もないような危篤状態ですから、おそらく人に担がれて桐壺から輦車に乗ったのでしょう。
そうなると、桐壺の更衣は四位でありながら、律令制度における皇后候補の地位で皇族しかなれない妃と同等の待遇を受けたことになります。
この場面で桐壺の更衣に輦車の宣旨が下されるというのが、いかに超法規的な厚遇であったか。
当時の規定を掘り起こしてみると改めて驚かされます。
輦車の宣旨は、単に帝の寵愛を示すに留まらず、帝の更衣に対する扱いが明らかな掟破りであることを読者に意識させる一節だったのですね。

尚、輦車の宣旨についてもっと詳しくお知りになりたい方は、輦車の宣旨・牛車の宣旨として男性の場合も含めた調査結果を載せておりますので、ご参照ください。
またこの文章に対するレスのやり取りや追加報告など、全体の流れは「桐壺」巻の読みのページからご覧いただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »