« 高麗笛 | トップページ | カテゴリ追加 »

2005年9月23日 (金)

『平安時代史事典』

古代学協会, 古代学研究所編;角田文衞監修 角川書店 1994年刊行。
上下巻+資料・索引編の3冊構成。
その名のとおり、平安時代に的を絞って関連する事柄を網羅した、類書の存在しない優れた事典です。

このBlogの記事を書くにしろ、源氏の部屋に掲載していただいている風俗博物館展示レポートを書くにしろ、筆者の下調べは常に、行き付けの図書館でこの事典を引くところから始まります。
ひとつひとつの解説は簡潔ながら、史料の例示が充実しており、代表的な研究書や論文も挙げられているので、基礎知識を得る上でも、またより深く調べたいときの取っ掛かりとしても最適です。
本編もさることながら資料・索引編も非常にお値打ちで、桂宮家本『類聚雑要抄』の全巻カラー図版や長岡京・平安京の条坊図、歴代後宮・斎宮・斎院・女院の一覧表などが収録されている他、読みのわからない人名や事項名を最初の漢字の画数から引ける索引が付いています。
『源氏物語』読者向けに平安時代の制度や生活習慣・文化などを解説した本は数多く出版されていますが、それらの記述からもう1歩踏み込んで詳しく知りたいと思ったときには必ず役に立つ、頼もしい存在です。

筆者にとっては是非とも手許に備えて座右の書にしたい本で、平安文学・平安時代好きの皆様にもお薦めしたいところなのですが、目下のところ絶版で手に入りません。
古書も12万~20万円などというとんでもない高値がついているそうで、とても一般人が手を出せるものではありません。
現在、出版者に対して絶版本の復刊交渉を行ってくれる復刊ドットコムで100票を越える復刊希望が集まり、角川書店に連絡がされているのですが、100票では復刊は難しいとのこと。
しかし、300票集まれば復刊の用意があるそうです。
(情報ソースはぼんやり夫人さんのBlog平家物語の記事「平安時代史事典」)

この記事を書いている2005年9月23日現在の投票数は108票。
300票まではまだまだ長き道のりです。
ですが、このBlogのようなマニアックな記事をご覧になって、ご興味を持ってくださる方でしたら、きっとこの本の必要性をご理解いただけると存じます。
まだこの本をご存知ない方は、是非一度図書館でご覧になってみてください。
そして、復刊リクエストにご協力をお願いいたします。
お名前とメールアドレスをご登録いただくと、投票が可能になります。
どうしても復刊させたい本です!
皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

平安時代史事典(角田文衞) 復刊リクエスト投票

【2006.11.8追記】
CD-ROMでの復刊が実現し、投票が終了しましたのでリンクを解除しました。ご協力くださった皆様、ありがとうございました!
復刊版については、当Blogの『平安時代史事典 CD-ROM版』をご参照ください。

【この記事からのトラックバック】
平安時代史事典(平家物語)
平安時代史事典(晴れのち平安)

|

« 高麗笛 | トップページ | カテゴリ追加 »

資料紹介」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113097/6076227

この記事へのトラックバック一覧です: 『平安時代史事典』:

« 高麗笛 | トップページ | カテゴリ追加 »