« 篳篥 | トップページ | 「宮」と呼ばれる光源氏 »

2005年10月30日 (日)

『平安時代の信仰と生活』

015lit_and_cult山中裕, 鈴木一雄編集 至文堂 1994年刊行
ISBN:4-7843-0120-8 税込2,625円

『国文学解釈と鑑賞 別冊』として1991~1992年に刊行された全3冊のシリーズ『平安時代の文学と生活』の3冊目を、書籍の体裁に改めて1994年に刊行し直したのが本書です。
(写真は全3冊の表紙。今回ご紹介の『平安時代の信仰と生活』はこの左端です)
なぜ最初にご紹介するのが第3冊なのかと言えば、「3冊中で一番よく使うのがこれだから」という至極簡単な理由に拠ります。
筆者にとっては『平安時代史事典』と並んで、風俗博物館の展示レポートを書く上で欠かせない資料です。

内容は、平安貴族の精神生活・信仰生活と日常の実生活に関わる諸相を幅広く取り扱っています。
目次は以下のとおりです(著者敬称略)。

平安時代の仏教(大隅和雄)
平安時代の神社(森田悌)
御霊信仰(五味文彦)
陰陽道(村山修一)
平安貴族の邸宅(倉田実)
平安貴族の乗り物(倉田実)
調度(荒木孝子)
食事(伊藤博)
平安時代の病気と医学(新藤協三)
平安時代の容儀・服飾(石埜敬子・加藤静子・中嶋朋恵)
社交・遊戯と文学(鈴木一雄・平田喜信)

“信仰と生活”と銘打って1冊の本に仕立てただけあって、ひとつひとつの項目がとても詳細で、史料の紹介も豊富です。
例えば最初の「平安時代の仏教」なら、実に25ページを費やして、平安京周辺の寺院の成立や僧侶を統制する国家制度などの政治面、地獄と極楽、末法思想などの思想面、法会、加持祈祷、参詣・参籠などの生活面と、多角的に解説を加えています。
また御霊信仰や食生活など、『源氏物語』だけ見ているとあまり意識に上ってこない、けれども当時の生活の中では相当のウェイトを占めていた筈のテーマも網羅されています。

4ページのカラー図版を含め、随所に絵巻や当時を偲ぶ遺品などの図版が織り込まれていて、尚且つ個々の図版の出典がきちんと明記されているのも嬉しい点。
引用文献や参考資料から芋づる式に調査を進める筆者のような人間としては、依拠する資料や掲載図の出典がはっきりしていて読者もそれを追跡できる、ナビゲーションのしっかりした本はとても重宝します。
特に図版の出典は、貴重な資料の筈なのに意外と曖昧な書き方しかされていない本が多いので、絵巻からほんの一部を切り出したカットにも作品名と所蔵美術館名を見出しに付ける丁寧さはありがたい限りです。

「『源氏物語』を読む上で躓かない程度、必要最小限の知識があればいい」とお考えの方には、少々詳しすぎるかもしれませんが、平安時代の文化や生活習慣そのものにもご興味をお持ちの方にはお薦めです。
幸い刊行から10年以上経っても絶版にならず、現在も入手することができます。

|

« 篳篥 | トップページ | 「宮」と呼ばれる光源氏 »

資料紹介」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113097/6417947

この記事へのトラックバック一覧です: 『平安時代の信仰と生活』:

« 篳篥 | トップページ | 「宮」と呼ばれる光源氏 »