« カテゴリ追加 | トップページ | 鞨鼓(かっこ) »

2005年11月27日 (日)

『源氏物語 六條院の生活』

021rokujoin_2五島邦治監修;風俗博物館編集(改訂版) 青幻舎 1999年7月刊行
ISBN:4-916094-28-X 税込3,450円

『源氏物語と京都 六條院へ出かけよう』をご紹介したからには、こちらも併せて掲載しない訳にはいかないでしょう。
風俗博物館が『源氏物語』をテーマにリニューアルされてまだ間もない頃に刊行された、筆者が知る限り“三次元模型での場面再現”を本格的に実現した最初のビジュアル・ブックです。

この本では、物語の舞台としての「六条院」にスポットを当て、乙女巻から柏木巻までの20の場面を選んで1/4模型での再現を撮影しています。
井筒與兵衛館長は、上記『源氏物語と京都 六條院へ出かけよう』のあとがきで

七年前に『源氏物語―六條院の生活―』を書いてもらった時にはまだ展示のための衣裳、調度の類が十分に揃っていない不自由さの中でなんとか五島先生に纏めてもらった感がある。

と記しておいでですが、華やかさと細やかさは存分に発揮され、今見ても物足りなさは全く感じません。

内容は場面の再現だけに留まらず、取り上げた場面に応じて、建築や調度、生活習慣などの解説ページが、こちらもカラー写真をふんだんに用いて設けられています。
例えば、蛍巻の垣間見の場面では扇について、常夏巻の釣殿の涼みの場面では食事と食器について、梅枝巻の薫物合わせの場面では香道具や原料について、若菜下巻の女楽の場面では楽器について…といった具合です。
模型による名場面の再現を楽しみながら、その場を彩る小道具などに関する理解も深められる仕組みになっています。

更に、途中6ヶ所で「『源氏物語』の舞台を歩く」と題したページが挟まれ、現存する平安時代の遺構や跡地、平安時代から現代に続く伝統行事を伝える寺社などが紹介されています。
いずれも風俗博物館を見学した後に回れる程度の、比較的近距離にある場所ばかりで、観光ガイドとしても利用できます。

筆者にとっては、新聞の書評欄に載ったこの本の初版(1998年秋の刊行だったと記憶していますが)の紹介記事が、風俗博物館を知るきっかけでした。
そういう意味で、個人的にも思い入れの強い1冊です。

|

« カテゴリ追加 | トップページ | 鞨鼓(かっこ) »

資料紹介」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113097/7084777

この記事へのトラックバック一覧です: 『源氏物語 六條院の生活』:

« カテゴリ追加 | トップページ | 鞨鼓(かっこ) »