« トラックバック一覧を追加 | トップページ | 元旦の行事 »

2005年12月28日 (水)

逢坂の関

023osaka_1百人一首をはじめ多くの歌に詠まれ、歌枕の中でも特に有名な逢坂の関は、山城国と近江国の境を成す逢坂山にあり、畿内と東国とを結ぶ交通の要衝でした。
逢坂の関跡の石碑は、京都側から国道1号線を進むとちょうど峠を上りきった辺り、横断歩道の脇にひっそりと立っています。
この石碑は昭和7[1932]年の建立。
ただし、関の正確な位置はわかっておらず、大津市逢坂2丁目の長安寺(関寺跡)付近とする説や、逆にもっと山科寄りだったとする説もあります。
(下の写真左は、石碑の場所から大津方面を撮影したもの。右は石碑の遠景です)
024osaka_2025osaka_3





逢坂の関は、『源氏物語』では「関屋」という巻名が示すとおり、関屋巻冒頭の場面の舞台として登場します。
関入る日しも、この殿、石山に御願果しに詣でたまひけり。
夫・常陸介と共に東国に下っていた空蝉は帰京の道筋、須磨・明石の流離を経て都に返り咲いた光源氏は石山詣に向かう途中、両者の一行はちょうど逢坂の関ですれ違います。
ただ一度、秘められた逢瀬をもった2人の12年ぶりの再会の地に、許されぬ男女が隔てを越える象徴として歌に詠まれる「逢坂の関」が選ばれたのは、やはり帚木・空蝉両巻を読者に思い起こさせる意図なのでしょう。
この場面は、国宝『源氏物語絵巻』関屋にも描かれています。

もうひとつ逢坂の関が登場するのは、賢木巻。
斎宮下向の日、行列が自邸の前を通り過ぎてゆくのにしみじみとした思いを募らせた光源氏は、娘と共に伊勢へ下る六条御息所に歌を贈ります。
それに対して、御息所の返歌は「またの日、関のあなたよりぞ、御返しある」、翌日に“関”の向こう側から届けられました。
この関こそ、逢坂の関です。
都から東国へ向かう人々は、粟田口から山科を通って逢坂の関を越え、都を離れてゆきました。
関のあなたよりぞ」との表現には、御息所が光源氏のいる都の世界から完全に切り離されて手の届かない存在になったことが表されています。

現在は、車の往来も激しい国道の傍らに忘れられたように石碑が立つのみで、当時の遺構は何も残っていませんが、「逢坂」という名前のとおり、王朝人の出逢いと別れを見守ってきた、坂の上の関所です。

【Data】
住所:大津市大谷町22
交通:京阪京津線大谷駅下車徒歩3分
tel.:077−522−3830(大津駅観光案内所)

【参考文献】
滋賀県高等学校歴史散歩研究会編『滋賀県の歴史散歩』新版(新全国歴史散歩シリーズ25)山川出版社 1990年
片桐洋一著『歌枕歌ことば辞典』増訂版 笠間書院 1999年
びわ湖大津・観光イベント情報(大津市)

【この記事からのトラックバック】
逢坂の関(神話の森のブログ)
関屋(烏賊の「とっちゃん」の呟き)

|

« トラックバック一覧を追加 | トップページ | 元旦の行事 »

縁の地」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113097/7686803

この記事へのトラックバック一覧です: 逢坂の関:

« トラックバック一覧を追加 | トップページ | 元旦の行事 »