« 時を止める、遡る~国宝『源氏物語絵巻』の模写~ | トップページ | 更新を一時休止します »

2006年3月26日 (日)

光源氏の元服と贈答歌

さぶらひにまかでたまひて、人びと大御酒など参るほど、親王たちの御座の末に源氏着きたまへり。大臣気色ばみきこえたまふことあれど、もののつつましきほどにて、ともかくもあへしらひきこえたまはず。
御前より、内侍、宣旨うけたまはり伝へて、大臣参りたまふべき召しあれば、参りたまふ。御禄の物、主上の命婦取りて賜ふ。白き大袿に御衣一領、例のことなり。
御盃のついでに、
 「いときなき初元結ひに長き世を
  契る心は結びこめつや」
御心ばへありて、おどろかさせたまふ。
 「結びつる心も深き元結ひに
  濃き紫の色し褪せずは」
と奏して、長橋より下りて舞踏したまふ。

十二歳になった光源氏は、桐壺帝が見守る中、清涼殿東廂で元服の儀式に臨みます。
平安時代の元服は、それまで無帽・角髪(みずら)だった髪を髷に結い替えて冠を被る儀式で、成人男子の象徴である冠を被せる役を果たす人は「加冠」または「引入」(髷を冠に引き入れることから)と呼ばれて最も重要視されました。
光源氏の元服にあたり、引入を務めたのは左大臣。
彼は光源氏を元服と同時に正妻腹の一人娘(葵の上)の婿に迎え、以後は舅として光源氏の後ろ楯となります。

恙なく儀式が済んだ後、侍(=清涼殿南端の下侍)で祝宴が催され、左大臣は桐壺帝から引入の役を労う禄を賜り、贈答歌を詠み交わします。

ところが、当時の儀式書を調べてみて、物語の語る順序が実際の儀式次第と異なっていることに気づきました。
『西宮記』や『新儀式』、『奥入』所引の「延長七年二月十六日当代源氏二人元服」の記事などでは、いずれも
“加冠⇒引入への給禄⇒酒宴”
という順序になっているのです。
桐壺巻の書き方ですと、侍での祝宴の途中で、侍とは別の場所にいる帝に呼ばれて左大臣が中座したように読めますが、実はそうではなく、一旦祝宴の様子を語ってから左大臣への給禄に話を巻き戻しているのでした。
まず出来事の大枠を語ってから時間を遡って枠内のある一時に焦点を当てる手法は、ここ以外にも、桐壺の更衣の退出の場面や桐壺の更衣への三位追贈の場面など、物語の重要なポイントとなる場面で用いられています。

では、この場面で焦点を当てて描きたかったものは何なのか。
それは、桐壺帝と左大臣の贈答歌だったのではないかと思います。

光源氏と葵の上との結婚は、2人の父親同士の意図に拠るものでした。
外戚のいない光源氏の後ろ楯となる有力な人物を望んだ桐壺帝と、光源氏の存在に家運を賭けた左大臣。
また、物語にはっきりとは描かれませんが、東宮の外祖父である右大臣の勢力を抑えたい両者の思惑が一致した側面もあるでしょう。
父親達は、子供同士の結婚によって結ばれた縁戚関係の永続を願う気持ちをかっちりと噛み合った贈答歌で確認し合います。
ですが、この元服に続く結婚の場面は、ほとんど何も語られず、唯一語られているのは「似げなく恥づかし」というあまり幸先のよくない女君の感想だけ。
当時は、婚儀の一環として「後朝使(きぬぎぬのつかひ)」と呼ばれる新郎新婦の文による歌の贈答があり、光源氏と葵の上も絶対に歌を詠み交わしている筈なのに、物語はそれを語りません。
男女が心を通わせ合う基本ツールだった贈答歌の不在は、間接的に2人の心が通い合っていないことを表現しているのでしょうが、その意味を強調するものとして、桐壺帝と左大臣の贈答歌が記されたのではないかと想像します。
この先、社会的には幾多の波乱を乗り越えて想像を絶する栄華を手にする一方、大勢の女性達との関わりの中で思うに任せぬ人の心に悩みもがきながら生きてゆくことになる光源氏の生涯を思うとき、ここに置かれた桐壺帝と左大臣の贈答歌の意味は、意外に重いものがあるのではないかと思うのです。

※この場面のレスのやり取りは、「桐壺」巻の読みのページからご覧いただけます。
(第三章第六段「引入への給禄」とその前後の各発言です)

|

« 時を止める、遡る~国宝『源氏物語絵巻』の模写~ | トップページ | 更新を一時休止します »

原文読解」カテゴリの記事

平安の風俗」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113097/9152987

この記事へのトラックバック一覧です: 光源氏の元服と贈答歌:

« 時を止める、遡る~国宝『源氏物語絵巻』の模写~ | トップページ | 更新を一時休止します »