« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の記事

2006年5月25日 (木)

軟障(ぜじょう)

032zejo壁代の一種。「軟障」の名前の意味は“軟らかな障子”で、布製の間仕切りを指します。
通常の壁代よりも装飾的な意味合いが強い場合が多く、主に殿上の行事や饗宴などの際に用いられました。
(写真は2005年風俗博物館出張展示「六条院行幸」より、渡殿に掛けられた軟障)

『大饗雑事』(文治五[1189]年成立の有職故実書)には、軟障の詳しい規定が記されています。
それによると、大きさは縦三尺七寸(約112cm)、横六幅(約216cm)。
表地の材質は生絹で唐絵を描き、白の練絹の裏を付けて、周囲を広さ六寸八分(約20.6cm)の紫の綾で縁取りします。
縁と同じ紫の綾を一寸(約3cm)ほど折り畳んで綱を通すための小さな輪(これを「乳(ち)」と呼びます)として数十個付け、長さ一丈二尺(約3.6m)の紫の練平絹を縫い畳んで綱のようにしたものを、乳に通して御簾に沿って張り渡します。
また、『満佐須計装束抄』にも軟障に関する記述があり、内容は概ね『大饗雑事』と同じですが、
絹に高き松を本体にて四季の木どもをかきたり。(中略)これら四季の絵をかきたれば春を東にしはじめて引くべし。」(巻一「大饗の事」)
と記されており、唐絵ではなく松と四季の樹木を描いて、東側から春夏秋冬の順に掛けるよう指示しています。

掲載した写真の展示では、『満佐須計装束抄』に基づく四季の樹の軟障になっていました。
対する唐絵を描いた軟障は、『年中行事絵巻』巻五「内宴」・巻六「二宮大饗」などの中に見ることができます。

一方、『源氏物語』の中には、こうした装飾的なものとは異なる軟障も登場します。
須磨巻末で源氏が須磨の海岸で上巳の祓をする場面では、「いとおろそかに、軟障ばかりを引きめぐらして」とあり、幄舎を設けるのを省略して軟障で覆って代用したことがわかります。
蟄居中に用意できる程度のものですから、儀式用などではなくもっと簡素なものでしょう。
また玉鬘巻では、椿市で宿がかち合ってしまった玉鬘一行と右近とが「軟障などひき隔てて」部屋を分け合って泊まる記述があります。
こちらも、単なる間仕切りの幕であって、特に装飾性はないと思われます。

壁代との一番大きな違いは、巻き上げることを前提にしていないことでしょうか。
あるいはその点が、装飾的な性格を強める方向に作用したのかもしれません。
日常的な室礼には用いませんが、何事か目隠しが必要な際には、意外と便利に使われていたらしい屏障具です。

【参考文献】
『大饗雑事』(3訂版『群書類従』第27輯所収)続群書類従完成会 1960年
源雅亮著『満佐須計装束抄』(3訂版『群書類従』第8輯所収)続群書類従完成会 1960年
山中裕, 鈴木一雄編『平安時代の信仰と生活』(平安時代の文学と生活)至文堂 1994年
秋山虔, 小町谷照彦編『源氏物語図典』小学館 1997年
古代学協会, 古代学研究所編『平安時代史事典』角川書店 1994年

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

| | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

壁代

031kabeshiro読んで字の如く、“壁の代わり”に母屋と廂の間の上長押から下長押に掛け下げる帳。
遮蔽・防寒などの実用性の他、装飾的な役割も担う調度でした。
(写真は、2006年風俗博物館展示「女三の宮六条院降嫁」より、国宝『源氏物語絵巻』柏木(二)に描かれたものを再現した壁代)

壁代の形状や材質については、『類聚雑要抄』巻四「母屋調度事」や『満佐須計装束抄』一巻「母屋庇調度事」に具体的な記述があります。
それらをまとめると、大きさは高さ九尺八寸(約294cm)・幅七幅(約222cm)、材質は夏と冬で異なります。
夏用は、生絹の平織の表地に白泥で秋草などを描き、光沢を出した白の練平絹の裏地をつけたもの。
冬用は、白の練平絹に纐纈染(布を糸で括って模様を染める絞り染めの一種)を施した表地に、夏と同じ光沢を出した白の練平絹の裏地をつけたもの。
どちらの書物でも“帳台・几帳の帷に同じ”という書き方がされているのが目を引きます。
こうした帷の類は、トータル・コーディネイトが意識されていたのでしょうか。
布地の表裏には、幅毎に「野筋」と呼ばれる幅三寸ほどの紐を2本ずつ垂らします。
紐の色は、表は蘇芳と濃紫を半々、裏は白と定められています。
また、裾は袋縫いにして小端の板を入れます。

かけるときは、表が御簾に接するようにし、床に余った裾は御簾の外に出しました。
御簾と同じように巻き上げることもあり、その際は小端を芯にして巻き、野筋で結び留めました。
国宝『源氏物語絵巻』柏木(二)と横笛には、床まで下ろした状態と巻き上げた状態の両方の壁代が描かれていて、生活の中での使い方がわかります。
中でも、柏木(二)に描かれた華やかな壁代は、最上流の貴族の華麗な暮らし振りを感じさせます。

『源氏物語』の中で壁代が登場するのは3例。
1例目は若菜上巻で、玉鬘が光源氏四十の賀のために新調した室礼の1つとして「屏風、壁代よりはじめ」と挙がっています。
2例目は夕霧巻で、落葉の宮を小野の山荘から一条宮へ移そうとする夕霧が、寂れた宮を改装する中で「壁代、御屏風、御几帳、御座などまで思し寄りつつ」と記されます。
3例目は総角巻。
宇治の八の宮邸の衣更えを気遣った薫が、「御帳の帷、壁代など」を贈る記述があります。
このような記述から、用例は少ないですが、壁代が季節に応じて室内を整える基本的な調度だったことを見て取ることができます。
写真からもおわかりいただけるように、色や柄によって室内の雰囲気をがらりと変えるところが、いかにも平安の貴族文化らしいと言えるでしょうか。

【参考文献】
『類聚雑要抄』(3訂版『群書類従』第26輯所収)続群書類従完成会 1960年
源雅亮著『満佐須計装束抄』(3訂版『群書類従』第8輯所収)続群書類従完成会 1960年
山中裕, 鈴木一雄編『平安時代の信仰と生活』(平安時代の文学と生活)至文堂 1994年
秋山虔, 小町谷照彦編『源氏物語図典』小学館 1997年
古代学協会, 古代学研究所編『平安時代史事典』角川書店 1994年
NHK名古屋放送局・NHK中部ブレーンズ編集『よみがえる源氏物語絵巻』NHK名古屋放送局・NHK中部ブレーンズ 2005年

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

| | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

牛車の乗降~女性の場合~

033koka今回の風俗博物館の展示「女三の宮六条院降嫁」を拝見した際、ちょっと驚いたのは、女三の宮の牛車が寝殿南面の階に寄せられていたことでした。
(写真は風俗博物館2006年上半期展示「女三の宮六条院降嫁」より、女三の宮を牛車から抱き降ろす光源氏)
南庭を横断して寝殿の正面まで乗り入れられるのは、帝の輿や勅使の車くらいしかイメージになかったので、「朱雀院鍾愛の内親王とはいえ、牛車でここまで乗り付けられたものなのだろうか?」と疑問に感じたのです。
概説書などには大抵“中門で車を降りる”と記されていますが、これは主に男性訪問客の場合。
では女性の場合はどうだったのか、仮名作品での牛車の乗降に関する記述を拾い集めてみました。

結論から先に申しますと、女性は女房も含め、中門ではなく居住スペースまで牛車を引き入れて乗り降りしたようです。
例をいくつか挙げてみましょう。

  • 西の対に御車寄せて下りたまふ。若君をば、いと軽らかにかき抱きて下ろしたまふ。(『源氏物語』若紫巻)
    ⇒二条院に着いて車を降りる源氏と紫の君。降りた場所は西の対。
  • この寝殿はまだあらはにて、簾もかけず。下ろし籠めたる中の二間に立て隔てたる障子の穴より覗きたまふ。(中略)つつましげに降るるを見れば、(『源氏物語』宿木巻)
    ⇒宇治の旧八の宮邸で車を降りる浮舟。降りた場所は寝殿。
  • 西の一の対の南の端に御車寄せて(『うつほ物語』国譲上)
    ⇒内裏から里下がりして源正頼邸に戻ったあて宮。「西の一の対」があて宮の居室。
  • 西の御門より、西の対に、人々、檳榔毛に乗りたるをば、まづ下ろして、御車中門より入れて、寝殿の未申の方の高欄を放ちて下りたまふ。(『うつほ物語』楼の上下)
    ⇒京極邸を訪ねた大后の宮と、それに扈従する女房達。女房は西の対、大后の宮は寝殿西南部で下車。
  • 御車に奉りたまひければ、わが御身は乗りたまひけれど、御髪のすそは、母屋の柱のもとにぞおはしましける。(『大鏡』師尹伝)
    ⇒藤原芳子参内の際のエピソード。「母屋」のある居住スペースから直接乗車。
  • 女房車ども、みなこの西の廊に下ろさせたまふ。(『栄花物語』巻第十七「おむがく」)
    ⇒法成寺金堂落成供養に列席する太皇太后宮彰子の女房達。金堂西廊に女房の座が設けられた。
  • 御車は、南面の御階の間に寄せておはします。(『栄花物語』巻第二十八「わかみづ」)
    ⇒東宮への入内のため、枇杷殿を出発する禎子内親王の車。寝殿南面で乗車。
  • 西の対の唐廂にさし寄せてなむ乗るべき、とて、渡殿へ、ある限り行くほど、(『枕草子』第二六三段「関白殿、二月二十一日に」)
    ⇒積善寺へ向かうため二条宮から車に乗る女房達。乗車場所は西の対。

この他にも、居住スペースでの乗降と考えられる記述がいくつもあり、逆に中門での乗降と断定できる例は見当たりませんでした。
また『枕草子』第五段「大進生昌が家に」には、生昌邸に渡御する定子中宮に従った女房達の車が北門を通れず、屋外を歩く羽目になったのを「いとにくく腹立たし」と憤慨する記述があります。

女三の宮降嫁の場面に戻ると、宮の居室は寝殿の西半分、女房達の局は西一・二の対ですから、宮の牛車は南庭を横断して寝殿南面の西側に、女房や童女の車は北側を通って西の対に、それぞれ寄せられたのではないかと想像できます。
となると、六条院春の町は西や北に門を持たないので、宮一行は何十台と車を連ね豪勢に供奉の上達部らを従えて、東門から紫の上のいる東の対のすぐ脇を通って西側に入ったということになるのではないでしょうか。
そう考えると、後文に紫の上の心中に沿って語られる
はなやかに生ひ先遠く、あなづりにくきけはひにて移ろひたまへる
という表現が、より一層痛切に響いてくるような気がいたします。

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

| | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

2つの『よみがえる源氏物語絵巻』

030genjiemaki昨年秋に完成した国宝『源氏物語絵巻』復元模写プロジェクトは、「よみがえる源氏物語絵巻」という番組名でNHKで特集され、この名称が完成した復元模写を公開する展覧会の名前にもなりました。
それに伴って、現在『よみがえる源氏物語絵巻』という同じ書名の本が2冊出版されています。
1冊は徳川美術館・五島美術館発行の展覧会図録(写真右)。
もう1冊は、TV番組の内容をまとめたNHK出版の本(写真左)。
どちらも見応え充分です。

復元模写を全図収録しているという点は2冊とも一緒なのですが、違う点もいろいろあります。
例えば収録順。
図録は巻の順番どおりに蓬生、関屋、柏木(一)・・・と並んでいるのですが、NHK出版の方は復元模写の過程を追う構成になっているので、復元された順に並んでいます。
最初に柏木(三)で、次は宿木(三)、続いて竹河(一)・・・といった具合です。
物語の順番どおりに楽しむなら図録、復元模写プロジェクトの進行を追体験するならNHK出版、でしょうか。

模写の収録方法に関しては、もうひとつ大きな違いがあります。
それはページの背景色。
図録はオーソドックスに白の背景なのに対し、NHK出版では背景が黒で、両者を並べると同じ絵でも随分と印象が違って見えます。
この絵を、東屋(一)に描かれているように青々とした畳の上に広げてみたら、どんな印象になるのだろう?
そんな想像も掻き立てられます。

復元模写の図版以外のページは、当然のことながらかなり内容が異なります。

図録の方の注目点は、何と言っても「国宝「源氏物語絵巻」模写の系譜」と題された12ページに亘る図版集。
五島美術館で展示された模本類が収録されており、貴重な資料です。
それと、徳川・五島両美術館の職員によるプロジェクトの解説が載っていて、分量はコンパクトですが内容は面白い!
鈴虫(一)の書き入れ文字は「絵師の構想段階の自分のためのメモ」ではないかという名児耶明氏の指摘は、目から鱗でした。

NHK出版の方は、番組で取り上げた復元模写作成時のポイントが丁寧に記録されています。
総合テレビや衛星第一での放送時にはカットされてしまったトピックも載っているので、ハイビジョン版の番組を見られなかった方には特にお薦めです。
また、こちらの本の最後には、復元模写と詞書のCG復元をつなぎ合わせた絵巻の図版が収録されています。
詞書の復元はまだ一部分しかできていないそうですが、一部だけでも、あの絢爛豪華な絵に負けない料紙の煌びやかさで驚かされます。
詞書もすべて復元されたらどんな姿になるのでしょうか。
“次”の楽しみがあるのがまた嬉しいところです。

それぞれに見所と面白さのある2つの『よみがえる源氏物語絵巻』
2冊とも買って正解だと思います。どちらもお薦めです。

【BOOK DATA】
『よみがえる源氏物語絵巻』(リンク先:五島美術館Webサイト)
監修:徳川美術館・五島美術館
編集:NHK名古屋放送局・NHK中部ブレーンズ
発行:NHK名古屋放送局・NHK中部ブレーンズ
発行日:2005年11月12日(五島美術館版は2006年2月18日)
定価:2,000円(税込み)
大きさ:103p 25cm×27cm

『よみがえる源氏物語絵巻:全巻復元に挑む』(リンク先:NHK出版Webサイト)
著者:NHK名古屋放送局「よみがえる源氏物語絵巻」取材班
発行:日本放送出版協会
発行日:2006年2月25日
定価:2,100円(税込み)
大きさ:157p 26cm×21cm
ISBN:4140810882

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

| | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

ご挨拶(はじめにお読みください)

ようこそBlog「源氏物語」へおいでくださいました。
筆者の明と申します。
ここでは、『源氏物語』原文に描かれた場面の考察や、物語の中に登場する平安時代のさまざまな風俗の紹介などを掲載しています。

このBlogは、Web上での『源氏物語』原文輪読活動「源氏物語を味わう」を皆様に知っていただき、参加してくださる方を募る目的で、2005年8月1日に開設いたしました。
しかし、「源氏物語を味わう」は2006年3月31日を以って活動停止となったため、このBlogは宣伝・参加者募集用という当初の目的を離れ、私個人のものとしてリニューアルいたしました。
内容的には、2006年3月までの記事と2006年5月以降の記事で変わるところはありません。
『源氏物語』に描かれた儀式や生活習慣、場所などについて調べ、それを踏まえて『源氏物語』を見直したときに何か新しいものが見つけられたら幸せ、というのが基本スタンスです。
どうぞよろしくお付き合いください。

設置しているカテゴリは以下のとおりです。

【原文読解】
もともとは「源氏物語を味わう」で話題になったトピックスを載せるカテゴリでした。
「源氏物語を味わう」の活動停止後は、調べ物をしたり原文を読み返したりする中で気づいた原文の解釈を、順不同でUPしていきます。
【平安の風俗】
風俗博物館で展示された『源氏物語』の各場面の写真を基に、平安時代の生活・文化をご紹介します。
【思いつきエッセイ】
名前のとおり、種々雑多な思いつき。
特定の場面の解釈ではなく「原文読解」カテゴリに収まらない記事や、当初のテーマから外れる派生的な内容などを、気まぐれに書き綴ります。
【源氏物語絵巻】
2年ほど前からマイブームが続いている、国宝『源氏物語絵巻』とその復元模写に関する記事を集めたカテゴリです。
【縁の地】
『源氏物語』に登場する場所や、縁のある土地をご紹介します。
【資料紹介】
当Blogの記事を書くのによく利用する資料(本・Webサイト等)のご紹介です。

カテゴリ毎の記事タイトルを一覧できる掲載記事のご案内もございますのでご利用ください。

さて、このBlogをご覧くださる際に、皆様にお願いしたいことが3つあります。

1つは、記事の品質について。
こちらに載せている記事は、専門の研究者でも何でもない『源氏物語』の一愛好家が、個人の趣味の範囲で調べた結果をまとめただけのものです。
できるだけ正確を期して書くのは当然ですが、内容の学術的な信憑性は保証の限りではありません。
また、予め先行研究を網羅的に調査するようなことはしておりませんので、学界においては目新しくも何ともない内容も多分に含まれていると予想されます。
ですので、特に学生の方は、くれぐれもレポートなどにそのまま利用なさらないようお願いいたします。

もう1つは、コメント機能についてです。
Blogにとって、トラックバックとコメントがご来訪くださった方とのコミュニケーション手段であることは承知しております。
ですが、現在の私は、コメントをいただいてもそのひとつひとつにお返事を差し上げることが難しい状況におりますので、逆に失礼な応対になるよりは…との判断から、コメント機能をOFFにしております。
勝手ながら、どうぞご了承いただきたくお願い申し上げます。
他のBlogからトラックバックを送信していただくことは可能です。
(スパム排除のため、管理者が承認してからでないとトラックバックが表示されない設定にしてあります。画面上に即時反映はされませんのでご了承ください)

最後に、著作権について。
当Blogの著作権とリンクについてに、コンテンツの著作権のご説明とリンクに関するお願いをまとめてあります。
特に、ご自分のWebサイトやBlogで当Blogの記事を利用なさりたいという方は、必ずこちらをご一読ください。

堅苦しいことを長々と書きましたが、このBlogを通して少しでも「源氏物語って面白い!」と感じていただけたら幸いです。

2006年5月1日 (2007年1月20日一部改訂)

| | トラックバック (0)

当Blogの著作権とリンクについて

ご挨拶(はじめにお読みください)」に続いて堅苦しい内容ですが、以下、当Blogのコンテンツを(主にインターネット上で)利用したいとお考えの方へのお願いです。

Blog「源氏物語」内の文章および画像の著作権は、提供者名が明記されている画像を除き、すべて運営者の明が保有しています。
インターネット上に公開している文章や画像であっても、著作権を放棄してはおりませんので、ご利用に当たってはご留意ください。

コンテンツの転載はお断りいたします。
内容に誤りがあったことが判明した際などには、随時訂正を行っています。
転載によって訂正前の誤った情報が私の管理できないところで掲載され続けるのは不本意ですし、情報をお探しの方にとっても迷惑なノイズとなってしまいます。
ご自分のWebサイトやBlog・掲示板などで当Blogの内容をご紹介くださる場合は、コピー&ペーストによる転載ではなく、当該記事へのリンクをお張りください。

当Blogは、トップページに限らず全ページリンクフリーです。
張るも外すもご自由にどうぞ。
ただし、自サイトのコンテンツであるかのように装ったリンクや、画像への直リンク、フレーム内に取り込んでの表示など、ご覧になる方に作成者を誤解させる恐れのある方法でのリンクはご遠慮ください。
また、お知らせカテゴリの各記事は、しばしば削除されたりURLが変更になったりしますので、個別の記事へのリンクはお勧めしません。

内容の価値云々とは別に、私は自分の文章や写真に愛着を持っています。
ご自分が利用しようとなさっている文章・画像は、1人の人間が想いを傾けて生み出したものであるということを、どうぞご理解ください。

「著作権とはそもそも何なのか?」「著作権侵害に当たらない利用の仕方とは?」などの疑問をお持ちの方は、例えば下記サイトなどをご一読なさることをお勧めいたします。
(クリックすると新しいウィンドウが開きます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »