« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の記事

2006年6月24日 (土)

宇治の大君にまつわる色彩

色彩描写の少ない宇治十帖の中でも、大君は特に彩りに乏しい女君です。
細かな衣裳の色合いを人柄に絡めて描く『源氏物語』の中にあって、本文中に明記される大君の衣裳は、喪服と病中の白い重ね袿だけ。
身の周りの品にまで範囲を広げても、匂宮の弔問の文への返書を認めた「黒き紙」(椎本巻)や、薫との対面に際して間に立てた「黒き几帳」(同)が挙げられるだけで、他に色を伴った描写は見当たりません。
大君と同時に登場する中の君が「濃き御衣」(総角巻)や「山吹、薄色などはなやかなる色あひ」(同)を着ている場面があることを考えると、敢えて大君はモノトーンで描かれたと見るべきでしょう。

そうした大君に関わる色彩描写の中で、唯一接点をもつ色が紫です。

紫の紙に書きたる経を、片手に持ちたまへる手つき、かれよりも細さまさりて、痩せ痩せなるべし。(椎本巻)

八の宮が死去した翌年の夏、薫が2度目に姉妹を垣間見する場面。
薫が目にした大君は、「黒き袷一襲」を纏い、痩せ細った手に紫色の紙に書かれたお経を持った姿でした。

紫苑色の細長一襲に、三重襲の袴具して賜ふ。
(総角巻)

こちらは、中の君宛の後朝の文を届けた匂宮の使者に対して、大君が婚礼の作法に則って禄を授ける件で、紫苑色(=薄紫色)の細長が選ばれています。

うち眺めて寄りゐたまへる袖の、重なりながら長やかに出でたりけるが、川霧に濡れて、御衣の紅なるに、御直衣の花のおどろおどろしう移りたるを、落としがけの高き所に見つけて、引き入れたまふ。
 「形見ぞと見るにつけては朝露の
  ところせきまで濡るる袖かな」
(東屋巻)

これは大君の死後になりますが、薫が浮舟を宇治に連れ出す道中、浮舟の紅の袿に薫の直衣の縹が色移りしているのを見つけた薫が大君を追慕する場面です。
『孟津抄』(安土桃山時代に書かれた注釈書。九条稙通著)以来、この色移りは黒ずんだ不気味な色で、喪服を連想させたのだとする解釈が提示されていますが、双方がよほど濃い色でない限り黒くはならないでしょうし、きちんと染色したときのような澄んだ色にはならなくても、紅花染と藍染の組み合わせならば、得られる色は二藍(=赤と青の強弱に幅のある混色の紫)だろうと思います。

モノトーンの合間に点在する紫色の解釈は、さまざまな可能性が考えられるでしょう。
一面では、大君が“寄る辺ない女が愛情一縷の結婚で幸福になれるのか”というの上の担った主題を受け継ぐ人物であることを象徴しているのかもしれません。
(紫の上は『源氏物語』全体を通して40種類近い呼称を持ちますが、宇治十帖では専ら「紫の上」と呼ばれますので、作者は彼女と「紫」という色のつながりを充分に意識していたと思います)
また、紫には下記の和歌に見られるように“愛情を表す色”としてのイメージがありましたので、薫に仄かな好意を抱きながらも最期まで薫の想いを身に受けることは拒絶した大君のあり方と重ねることもできるかもしれません。

恋しくはしたにをおもへ紫の根ずりの衣色にいづなゆめ(『古今集』巻十三・652)
唐人の衣染むてふ紫の心にしみておもほゆるかも(『古今和歌六帖』第五・3503)
託馬野に生ふる紫衣にすりまだも着なくに色に出づらん(『古今和歌六帖』第五・3506)
まだきから思ひ濃き色に染めむとや若紫の根を尋ぬらん(『後撰集』巻十八・1277)

古く『紫の物語』とも呼ばれた『源氏物語』、紫という色彩は「紫のゆかり」が退場した後の宇治十帖においても、深い意味を担っているようです。

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

『源氏物語図典』

034zuten 秋山虔, 小町谷照彦編;須貝稔作図 小学館 1997年
ISBN:4-09-362061-X 税込3,570円

“図典”というタイトルのとおり、『源氏物語』に登場する建築物や生活用品・儀式行事などを、多彩な図版と簡潔な解説文でまとめた本。
『源氏物語』に出てくる事柄は、かなり広範囲にわたって網羅しています。

目次は以下のとおりです。

  • 京と宮殿
  • 建築物
  • 調度
  • 乗物
  • 衣服
  • 色・文様
  • 音楽・舞楽
  • 遊戯・娯楽
  • 信仰・宗教・俗信
  • 年中行事・儀式
  • 通過儀礼
  • 貴族生活の諸相
  • 植物・動物
  • 付録(物語の大要 官職一覧 系図 地図 地名・歌枕一覧)

この本の最大の特長は、なんといっても豊富な図版です。
280枚のカラー写真にモノクロ図版が320点、合計でなんと600点!
これだけふんだんに図版を取り入れている本はなかなかないと思います。
カラー図版は写真・絵巻・復元模型など多種多様で、あまり直接目にする機会のない古文書類の図が含まれている点も貴重です。
モノクロ図版の方は、絵巻などから抜き出した線画が中心で、輪郭がはっきりわかって重宝な上、すべての線画に出典が明記されているので原画へのレファレンスもばっちり。
絵巻に興味のある方や、平安時代を舞台にした漫画やイラストを描こうという方には特にお薦めです。

解説文は、全253pの中に1000項目も盛り込んでいるので1項目ずつは短文ですが、わかりやすい端的な説明に加えて、『源氏物語』のどの場面にどういう形で登場するかが例示されています。
項目に立てられている事物と、それが描かれた場面の原文と、両方の理解を相互に深められる優れモノの構成です。
(カテゴリ「平安の風俗」の記事では、取り上げた事物そのものの説明と『源氏物語』や他の作品での描かれ方を載せていますが、この構成は実はこの本の解説文に倣ってのものです)
先にご紹介した『平安時代史事典』や『平安時代の信仰と生活』『平安時代の儀礼と祭事』が平安時代全般を対象にしているのに対し、この本は『源氏物語』に焦点を絞っているので、知りたい内容に応じて使い分けると効果的かと思います。

現代語訳からもう1歩踏み込んで『源氏物語』の世界を味わいたいとお考えの方に、是非お薦めしたい1冊です。

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

| | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

折れた紫苑~東屋(二)の前栽~

国宝『源氏物語絵巻』東屋(二)は、ご存知のとおり三条の小家に身を潜めた浮舟を薫が訪ねる場面です。
復元模写では、画面の右手に大きく描かれた前栽の秋草が、ひときわ鮮やかな印象を与えています。

三田村雅子先生は、『源氏物語』原文には「慰めに見るべき前栽の花もなし」(東屋巻)と記されているにもかかわらず立派すぎるほどの前栽が描かれていること、画面全体は斜め上から見下ろした構図なのに前栽だけは正面からの視点で捉えられていることを指摘された上で、折れた枝・倒れた枝が描き込まれた紫苑に注目なさっています。
復元模写を見るとはっきりわかるのですが、前栽の右端に鋭角に折れ曲がって右斜め下方向を向いている枝が、その下に右隅からうねるように左側へと横倒しになって伸びている枝が、それぞれ描かれています。
この折れ、倒れた紫苑を、三田村先生は、亡き大君と彼女に対する薫の尽きせぬ執着の象徴と読み解いておられます。
正面からの視点が、薫が見ている前栽であることを示し、また女郎花と紫苑の組み合わせが二条院での浮舟の衣裳と一致することで浮舟を象徴しつつ、紫苑に大君が重ねられることで、全体として薫の幻視する形代としての浮舟が象徴されている、と解釈するのです。

私も、紫苑が大君の象徴であるとの解釈には賛成です。
折れ倒れても見事な花を咲かせる様子は、人生の半ばで命尽き、死して尚美しい幻影となって薫の心を捉え続ける大君と確かに重なります。
「紫苑とは当時、亡き人をしのぶ草として墓地に植えられた花であった」とのご指摘にも納得です。
ただ私には、紫苑が大君の象徴となり得る理由として、もうひとつ思い浮かぶ『源氏物語』の場面があります。

東屋(二)が描く場面の翌朝、薫は性急に浮舟を宇治へと連れ出します。
その道中、牛車からこぼれ出た2人の袖が重なり合って朝霧に濡れ、浮舟の紅の袿の袖に薫の直衣の縹が移って紫に染まります。

うち眺めて寄りゐたまへる袖の、重なりながら長やかに出でたりけるが、川霧に濡れて、御衣の紅なるに、御直衣の花のおどろおどろしう移りたるを、落としがけの高き所に見つけて、引き入れたまふ。
 「形見ぞと見るにつけては朝露の
  ところせきまで濡るる袖かな」

原文の中に大君が紫色の衣裳を着ている場面は見当たりません。
ですが、この場面を読むと、薫の中で大君は紫の色彩イメージと共に記憶されているのではないかと思えてならないのです。
その紫が、紫苑の花の紫色に重ねられているのではないでしょうか。
宇治の物語はモノクロームの世界で、殊に大君は極めて色彩に乏しい描かれ方をしています。
それだけに、この場面で紅と縹が交じり合って浮き上がる紫は印象深く、浮舟との対面を前に薫が大君を想起するに相応しい花として、共に描かれた女郎花ではなく別の草花を書き加えるのでもなく、紫苑がそのまま選ばれたのではないかと思うのです。

【参考文献】
三田村雅子著『草木のなびき、心の揺らぎ:源氏物語絵巻を読み直す』(Ferris Books 10)フェリス女学院大学 2006年

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

| | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

前栽の意味を読み解くための参考文献

035emaki_books 国宝『源氏物語絵巻』は、いろいろな味わい方ができる作品です。
絵そのものの雰囲気を楽しむのは勿論、デザインや構図を美術的な観点から掘り下げることもできますし、『源氏物語』の原文と重ね合わせて文学的な想像を広げることも可能です。
私はつい理屈を捏ね回したくなる人間なので、描かれたものがその場面でどんな意味を担っているのか、何を象徴しているのか、といったことを主に考えています。
中でもこのところ特に興味を引かれているのが、庭に描かれている植物。
『源氏物語』の原文も植物の描写は多く、さまざまな植物が登場しますが、絵巻に描かれた植物は原文との間にしばしばズレがあり、また形状や構図にも特徴があります。
自分なりの思いつきはおいおい書いていくことにして、今日はその“思いつき”の原動力になった文献を2つご紹介いたします。

1つ目は、河添房江先生の「『源氏物語』宿木巻の自然と人間―国宝絵巻のデジタル・アーカイブから」(「國文學」48巻1号・2003年1月)
徳川美術館による復元模写プロジェクトの成果を基に、宿木(三)に描かれた前栽の秋草の意味が論じられています。
原文に登場するのは薄と菊であるにもかかわらず、なぜ菊は描かれず、替わりに萩と藤袴が描かれたのか。
それぞれの植物が象徴するものを読み解き、絵巻がこの場面を取り上げるにあたって何に焦点を合わせたのかを炙り出していく内容です。
私はそれまで、前栽に何の花が描かれているかを注意して見たことなどなかったので、何気なく描かれているように見える花のひとつひとつからも文脈が読み取れることにとても驚きましたし、自分でもそういうことを考えてみるきっかけになりました。
この論文はその後、先生の論文集『源氏物語時空論』(東京大学出版会 2005年12月 写真左)に、第五部第五章「絵巻の復元模写から読み解く『源氏物語』」の後半部分として収められています。

もう1つは、三田村雅子先生の『草木のなびき、心の揺らぎ:源氏物語絵巻を読み直す』(フェリス女学院大学 2006年3月 写真右)
こちらも復元模写プロジェクトで明らかになった絵の細部を分析し、絵巻の描き手が画面の中に織り込んだ寓意を読み取ろうとする内容で、論文調ではなく平易な文章で書かれています。
「論文」となると尻込みしてしまう方にもお薦めできる、わかりやすい本です。
書名にもなっているとおり、草木の種類そのものだけでなく、風になびいたり折れたわんだりする姿も含めて、そのように描かれたことの意味を登場人物の心情に重ねて読み解いています。
全19図のうち竹河(一)・竹河(二)・橋姫を除く16図が取り上げてられおり、1図ごとの分量はさほど多くありませんが、読者が「私だったらどう解釈するか」と想像を巡らす手がかりが沢山記されています。

これから書こうと思っている記事は、多くこのお二人の先生方から示唆をいただいているので、まず最初に敬意と感謝を込めてご紹介いたしました。
よろしければ、皆様も是非お読みになってみてください。

【Book Data】
『源氏物語時空論』(リンク先:東京大学出版会Webサイト)
著者:河添房江
発行:東京大学出版会
発行日:2005年12月20日
定価:7,140円(税込み)
大きさ:viii, 438, xiv p 22cm
ISBN:4130860348

『草木のなびき 心のゆらぎ:源氏物語絵巻を読み直す』《Ferris Books 10》
(リンク先:フェリス女学院大学Webサイト)
著者:三田村雅子
発行:フェリス女学院大学
発行日:2006年3月31日
定価:700円(本体価格)
大きさ:190 p 18cm
ISBN:4901713094

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

| | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »