« 大覚寺 | トップページ | 迦陵頻 »

2006年7月30日 (日)

納曽利(落蹲)

042rakuson_1 043rakuson_2 「納曽利(なそり)」は、高麗楽・右方二人舞で、現代に伝わる高麗楽曲の中で最も有名かつ最高傑作とされる舞曲です。
番舞は、こちらも有名な左方の代表的一人舞「陵王」。
作曲、作舞、由来は不明ですが、雌雄の竜が楽しそうに遊ぶ姿を舞にしたものと言われます。
平安時代では、主に相撲、競馬、賭弓の節会で右方の勝者を祝って奏しました。
(写真左は2004年下半期風俗博物館展示「紫の上による源氏四十の賀」より、落蹲を舞う舞人。右は『舞楽図』より「納曽利」)

別名「落蹲(らくそん)」とも言い、一般には“一人舞を落蹲、二人舞を納蘇利と呼ぶ”と解説されますが、

日暮れかかるほどに、高麗の乱声して、「落蹲」舞ひ出でたるほど、なほ常の目馴れぬ舞のさまなれば、舞ひ果つるほどに、権中納言、衛門督下りて、「入綾」をほのかに舞ひて、(『源氏物語』若菜上巻)

落蹲は二人して膝踏みて舞ひたる(『枕草子』第二〇五段「舞は」)

殿の君達二所は童にて舞ひたまふ。高松殿の御腹の巌君は納蘇利舞ひたまふ。殿の上の御腹の田鶴君陵王舞ひたまふ。(『栄花物語』巻第七「とりべ野」)

といった記述を見るに、少なくとも平安中期には舞人の人数による呼び分けはなかったと思われます。

044rakuson_s1 045rakuson_s2
046rakuson_s3 046rakuson_s4 装束は別様装束(その曲にのみ用いる専用の装束)で、袍に 竜唐織紋のある毛縁の裲襠、指貫・大口・腰帯・糸鞋を着け、竜を模した吊顎面と緑色金襴の牟子で頭部を覆い、右手に銀色の桴を持ちます。
ただし、童舞の場合は面、牟子を着けず、童髪に天冠を着けます。
(写真は順に、袍〔左上〕、裲襠と腰帯〔右上〕、指貫〔左下〕、面と牟子〔右下〕。いずれも2006年下半期風俗博物館展示「舞楽装束のいろいろ」より)

現代の雅楽の衣裳は近世の衣裳を引き継いでいて、『舞楽図』に描かれているように袍は朽葉色で裲襠は円領(あげくび)の丸形、腰帯は銅製に銀メッキを施したものですが、風俗博物館の展示ではより平安時代の衣裳に近い形を模索して、緑青色の袍に首の部分がV字形の裲襠、裲襠と同裂の腰帯、という形態にしています。
この再現は、『舞楽図巻』(舞楽44種を描いた図。応永十五[1408]年作?)『教訓抄』(狛近真著。元福元[1233]年成立の雅楽書)『続教訓抄』(狛朝葛著。文永七[1270]年頃成立)の記述に基づくとのことです。
(風俗博物館で再現された装束についてより詳しく書いたものを、小池笑芭さんのWebサイト「源氏の部屋」のこちらのページに掲載していただいています。ご興味をお持ちくださった方は、併せてご覧ください。)

046_3rakuson_7 調子は高麗壱越調で、楽曲形態は〈破〉と〈急〉に分かれます。
舞楽の次第は、まず高麗小乱声が奏され、続いて〈破〉が演奏されて舞人が登台、所定の位置について〈破〉を舞います。
若菜上巻の引用文で「高麗の乱声して、「落蹲」舞ひ出でたるほど」とあったのは、この部分の描写です。
〈破〉の終わりには舞人が跪く所作があり、これが「落蹲」という別称の由来と言われます。
舞い終わると〈止手〉の演奏が挟まり、〈急〉に続きます。
〈急〉を舞い終えた後、引き続き〈急〉の演奏が続く中を舞人は降台(この降台の作法を「入綾」と言います)、舞人が楽屋に下がると管方が〈止手〉を演奏して終わります。
(写真は平安雅楽会による「納曽利」。2007年5月20日撮影)

『源氏物語』では、六条院での端午の節句の騎射(蛍巻)、紫の上主催の光源氏四十の賀での精進落としの宴(若菜上巻)、朱雀院五十の賀の試楽(若菜下巻)の各場面に、いずれも「落蹲」の名で登場します。
若菜上巻の原文は上に引いていますので、残る2ヶ所を挙げておきます。

「打毬楽」「落蹲」など遊びて、勝ち負けの乱声どもののしるも、(蛍巻)

右の大殿の三郎君、「陵王」。大将殿の太郎、「落蹲」。(若菜下巻)

また、『栄花物語』の上記引用文も東三条女院詮子四十の賀の記述で、節会だけでなく算賀の宴でも多く舞われたことが窺われる他、『小右記』には、季御読経の結願(寛和元[985]年三月三十日)や法性寺東北院落成供養(長元三[1030]年八月二十一日)などで舞われたとの記述もあります。
広く祝い事などの席を飾った曲目のようです。

【参考文献】
風俗博物館2004年下半期展示解説パンフレット
音楽之友社[編]『邦楽百科辞典 : 雅楽から民謡まで』音楽之友社 1984年
東儀信太郎[ほか]執筆『雅楽事典』音楽之友社 1989年
雅楽のウェブログサイトkenken's 雅楽 ~平安時代に生まれた音楽、雅楽へのいざない~
北爪有郷筆『舞楽図 右』(故實叢書第3輯第18回)吉川弘文館 1905年

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« 大覚寺 | トップページ | 迦陵頻 »

平安の風俗」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113097/11069393

この記事へのトラックバック一覧です: 納曽利(落蹲) :

« 大覚寺 | トップページ | 迦陵頻 »