« カウンター設置 | トップページ | 青海波(4)装束その2~袍~ »

2006年8月27日 (日)

青海波(3)装束その1~冠~

054seigaiha_3055seigaiha_4 先にご紹介した楽曲形態と同じく、「青海波」の装束はとてもユニークです。
構成自体は、襲装束(鳥甲・赤大口・指貫・下襲・半臂・忘緒・袍・帯・糸鞋・踏懸)に太刀を 加えただけなのですが、鳥甲の形も袍・下襲などの色と文様も、すべてが「青海波」専用の特別なものなので、襲装束ではなく別様装束に分類されます。
風俗博物館では、この装束を平安・鎌倉時代を中心とした古文献から考証して展示しています。
現行の「青海波」装束とは大きく異なる部分もありますので、その点を中心にご紹介いたします。
(写真左及び下は、風俗博物館2006年下半期展示「桐壺帝の朱雀院行幸」より「青海波」を舞う光源氏。右は、『舞楽図』より「青海波」)

056seigaiha_5 まず目に付くのは、甲ではなく冠を被っている点。
近世以来の舞楽では『舞楽図』に描かれているように「青海波」専用の別甲を被りますが、展示では巻纓冠(けんえいのかん)に老懸(おいかけ)を着けています。
『教訓抄』(天福元[1233]年成立の雅楽書。狛近真著)にも「破二人袍、甲、大刀ヲ着」と記されていて異説もないので、鎌倉時代以前においても基本的には甲を用いたようなのですが、『中右記』には

青海波二人[通季・宗能、](中略)徹平胡簶、[不放老懸、](康和四[1102]年三月廿日条)

とあり、武官束帯装束の一要素である平胡簶(ひらやなぐい)は外し、老懸(おいかけ)は外さずに舞ったことがわかります。
(わざわざ「徹平胡簶」と書くのは、後述する垣代の装束との関連からと思われます)
このとき舞人を務めた「通季」は藤原公実の三男、「宗能」は『中右記』の著者である藤原宗忠の長男で、いずれも上流貴族の若き公達です。
この記述から博物館では、身分の高い人物が舞う際には甲ではなく冠を着用したのではないかと推測し、この形の展示としたそうです。
先に「青海波(1)」でご紹介した『原中最秘抄』記載の伝承を考えても、この舞には甲よりも冠の方が似合うような気がします。

『源氏物語』の「青海波」の場面を絵画化した各時代の絵図を見ると、多くは展示のように巻纓冠に紅葉や菊の挿頭を挿した姿に描かれていて、以前から「何か根拠があるのだろう」とは思っていたのですが、風俗博物館の展示レジュメで『中右記』のこの記述が提示されたことで、なるほどと腑に落ちた次第です。

次回は、これまた現行の舞楽とは大きく異なる袍についてです。

【参考文献】
高島千春筆『舞楽図 左』(故實叢書第3輯第18回)吉川弘文館 1905年
秋山虔, 小町谷照彦編『源氏物語図典』小学館 1997年
風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« カウンター設置 | トップページ | 青海波(4)装束その2~袍~ »

平安の風俗」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113097/11523461

この記事へのトラックバック一覧です: 青海波(3)装束その1~冠~:

« カウンター設置 | トップページ | 青海波(4)装束その2~袍~ »