« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の記事

2006年10月30日 (月)

小野(修学院)

062shugakuin 夕霧巻の舞台となる小野の里は、比叡山の西麓一帯、北は大原から南は松ヶ崎の辺りまでを指しました。
歌枕として多く詠まれている他、文徳天皇の第一皇子でありながら立太子の叶わなかった惟喬親王が出家隠棲した地としても有名です。

御息所、もののけにいたう患ひたまひて、小野といふわたりに、山里持たまへるに渡りたまへり。(夕霧巻)

一条御息所と共に落葉宮が移り住んだ小野の山荘は、物語本文中に示される

  • 都から訪れる夕霧が、途中「松が崎の小山」(夕霧巻)を眺めている
  • ことに深き道」ではなく、都から比較的近い
  • 夕暮れ時に「山の蔭」になる=西側近くにも山がある
  • 音羽の滝(明治期に廃寺となった雲母寺付近にかつてあった滝。江戸中期までに消失)と思しき滝の音が「耳かしかましうとどろき響く」(夕霧巻)場所である
  • 浮舟を助けた小野の尼君の住まいが、御息所の山荘より「今すこし入りて、山に片かけたる家」(手習巻)である

などの条件から、現在の修学院離宮付近と考えられています。
勿論、平安時代には修学院離宮はまだ存在しません。
当時の小野には、炭窯や瓦窯、氷室などが点在していました。
その中で松ヶ崎や修学院の辺りは、都からの距離も近いため、気軽に訪れられる地域だったようです。
(松ヶ崎は、『枕草子』第九十五段「五月の御精進のほど」で清少納言が同僚の女房らと杜鵑の声を聞きに出かけた「なにさきとかや」の候補地の1つ)

063matsugasaki 修学院離宮の周辺は、現在ではすっかり住宅地になっていて、鄙びた山里の風情はほとんどありません。
それでも、滝は失われたものの音羽川の流れは健在ですし、左京区のWebサイトによると川縁から比叡山を遠望することもできるそうです。
(私が訪れたときは、残念ながらお天気が悪くて見えませんでしたが…)
また、川沿いに下って高野川に出ると、対岸に「松ヶ崎の小山」、緑に覆われた松ヶ崎東山が見えます。

尚、平安時代はこの地域も延暦寺の強い影響下にありました。

早うより御祈りの師に、もののけなど祓ひ捨てける律師、山籠もりして里に出でじと誓ひたるを、麓近くて、請じ下ろしたまふゆゑなりけり。(夕霧巻)

という本文からも、山中で修行中の僧が下りて行っても差し障りのない宗教的地域だったことが窺えますし、修学院離宮の北にある赤山禅院(仁和四[888]年に現地移転)が延暦寺の別院であることや、上述の雲母寺(元慶年間[877-884]創建)や「修学院」というこの地域の地名の由来となった修学院(別名修学寺。10世紀末創建)が延暦寺僧坊の1つだったこと、などからも当時の状況がわかります。
“洛北に位置する山寺の支配領域”という点では、若紫巻冒頭の舞台である北山と共通しており、舞台設定の方面から若紫・夕霧両巻の共通性や対照性を考えてみるのも面白いかもしれません。

写真は、上が修学院離宮正門、下が高野川から見た松ヶ崎東山です(いずれも撮影は2006年10月)。

【Data(修学院離宮)】
住所:京都市左京区修学院梅谷
交通:叡山電鉄修学院駅下車徒歩20分 市バス「修学院離宮道」下車徒歩15分

【参考文献】
平凡社[編]『京都市の地名』(日本歴史地名大系27)平凡社 1979年
古代学協会, 古代学研究所編『平安時代史事典』角川書店 1994年
中野幸一編『常用源氏物語要覧』武蔵野書院 1995年
伊井春樹編『源氏物語の鑑賞と基礎知識23 夕霧』至文堂 2002年
京都市情報館(京都市役所)内「京都市左京区役所

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

「面痩せ」の美

『源氏物語』は、健康なときよりもむしろ病や悩み、嘆きなどでやつれた姿の美しさを繰り返し描き出します。
中でも、長患いの果ての容貌が
こよなう痩せ細りたまへれど、かくてこそ、あてになまめかしきことの限りなさもまさりてめでたかりけれ」(御法巻)
と絶賛される紫の上を筆頭に、物の怪に悩みやつれた様子が
かうてこそ、らうたげになまめきたる方添ひてをかしかりけれ」(葵巻)
と源氏の心を深く捕える葵の上や、
いよいよあはれげにあたらしく、をかしき御ありさまのみ見ゆ」(総角巻)
と臨終直前の姿が愛執と共に薫の眼に焼き付けられる宇治の大君など、病によって美しさが損なわれるのではなく、却って健康時以上の美しさを示し、見る者の愛情を掻き立てるという構図は、『源氏物語』の特徴的なものとして挙げることができます。

こうした傾向がより具体的に見て取れるのが、「面痩せ」という言葉の用例です。
面痩せ」の語は『源氏物語』全体では18例ありますが、実にその内11例までが、「なまめかし」(夕顔巻・若菜上巻・蜻蛉巻)「めでたし」(若紫巻・明石巻)「あてにうつくし」(若紫巻)「あてにきよら」(須磨巻)「らうたい」(真木柱巻)「あてにをかし」(若菜下巻)「あてになまめかし」(早蕨巻)「見るかひあり」(蜻蛉巻)と、美しさを表す形容語を伴って用いられています。

また作者は、『紫式部日記』でも
かく国の親ともてさわがれたまひ、うるはしき御気色にも見えさせたまはず、すこしうちなやみ、面やせて大殿籠もれる御ありさま、常よりもあえかに若くうつくしげなり。
と、やはりプラスの評価の下に産後の中宮彰子の面痩せした姿を描写しています。
(『源氏物語』の作者は紫式部ではないとする説もありますが、こうした特殊な感覚や思考の一致を見つけると、やはり『源氏物語』の作者は紫式部以外あり得ないと思わずにいられません)

『源氏物語』以前に病み痩せた女性の美しさを取り上げた物語作品は、『うつほ物語』が唯一の先行例として挙げられます。
(物語以外にまで範囲を広げると、『蜻蛉日記』に美的形容語を伴わない2例と、『枕草子』第125段に「雑色・随身は、すこし痩せて、細やかなるぞよき」とある例が見つかりました)
『うつほ物語』ではまだ全体的に、病や心労で衰えても盛りの美貌と変わらないとする類型的な表現に留まっているのですが、「面痩せたまへるは、貴に子めきたり」(国譲中)との描写のように、健康時とは異なる新たな美の発見の萌芽を見ることができます。

そしてそれをより細やかに描き出し、積極的に称揚したのが『源氏物語』だったのではないでしょうか。
作者は、『うつほ物語』が見つけかけたものを拾い上げ、自分の作品の中で新しい確固たる美意識の言挙げを成し遂げたのではないかと推測されるのです。

面痩せ」によって現れる美しさの中身は、用例にある形容語から限定できます。
なまめかし」「あて」は、瑞々しく柔らかな優美さや上品さ。
うつくし」「らうたし」「をかし」は、可愛らしさや可憐さ。
めでたし」「きよら」は、強く称賛される素晴らしさ、至高の美。
これらを総合するならば、身支度を整え化粧をし嗜み深く立居振舞にも気を遣っている健康なときには表に出てこない生身の柔らかさやか弱さを、取り繕わない愛しいものとして高い讃辞を与えたということになるでしょうか。
直接「面痩せ」の語は用いられていませんが、健康時は「うるはし」「よそほし」と端正で気詰まりな美しさばかりが強調されてきた葵の上が、出産前後の床に臥せっている場面でのみ「らうたげ」と形容されている例も、併せて参考になるかと思います。
病身による格式張らない素のままの愛らしさ、守ってあげたくなるような繊弱さに、見る人は慕わしい魅力を感じるのでしょう。

『源氏物語』によって明確に主張されたこの“面痩せの美”は、以後の物語に確実に定着していきました。
『栄花物語』『夜の寝覚』『浜松中納言物語』『堤中納言物語』などの作品では、面痩せした女君の美しさが「なまめかし」「うつくし」「らうたげ」「あはれげ」「あて」「かをりをかしげなる」といった形容を伴って繰り返し描かれています。
自然で透明繊細な美しさを愛でる感覚は、王朝人の美意識に合致して、「面痩せ」の語をキーワードとして深く浸透していったのだと思われます。
その美意識の水脈は、こうした古典文学の描写を違和感なく受け入れられる現代の読者の中にも、きっと脈々と受け継がれているのです。

※この記事は、@nifty文学フォーラム12番会議室で2002年10月27日に発言した内容をリライトしたものです。

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 9日 (月)

古典総合研究所 語彙検索

前回の源氏物語の語彙検索(KWIC)に続き、語彙検索ページをもう1件ご紹介します。

古典総合研究所 語彙検索

  • 古典総合研究所内コンテンツ
  • 小学館・岩波書店などから刊行されている校訂本文を検索対象とする

こちらの検索は、『源氏物語』だけでなく『枕草子』や『蜻蛉日記』『落窪物語』『堤中納言物語』など、多数の作品がラインナップされているのが何よりもありがたい点です。
ときどき検索できる本文が増えるので、これからの更なる充実も期待されます。
それぞれの作品について、検索範囲を巻毎などで選べるのも便利な点です。

検索結果は行単位で表示され、リンクを展開すると前後1行ずつを含めた3行分を確認することができます。
同時に、その行が本の何巻何ページ何行目に載っているかが表示されるので、検索対象の本が手許にあるときには大きな威力を発揮します。
『源氏物語』の検索については、こちらの検索ページにも複数の本文が用意されていますので、「源氏物語の語彙検索(KWIC)」も併せて、どの本文を使うかに応じて使い分けると効果的でしょう。

検索にあたって注意すべき点もいくつかあります。
ページ・行数表示を可能にするために、データベース内でも書籍の形態のとおりに改行がされているのですが、行をまたぐ言葉は検索できないので、検索漏れが生じる場合があります。
漢字・仮名の正規化処理もされていないため、その本に記されているとおりの文字で検索しないとヒットしません。
また、一文字で検索すると文字化けを起こして不正な結果表示になることがあります。

折角の、誰もが自由に検索できる貴重なデータベースです。
特徴を把握して積極的に利用させてもらうことが、労力をかけて構築したデータベースを無償で公開している制作者の好意に応えることになるのではないかと思います。

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 1日 (日)

源氏物語の語彙検索(KWIC)

『源氏物語』は、あれだけの長編ながら、かなり統一的に特定の言葉や事物に特別な意味づけを与えています。
例えば、「きよら」と形容される人物と「きよげ」と形容される人物の区別や、1人の例外を除いて皇統に関わる人物しか演奏しない琴の琴の扱いなどは、有名なところです。
こうした『源氏物語』中での言葉・事物の用例を調べるときに非常に便利なのが、語彙検索データベースです。

源氏物語の語彙検索(KWIC)

便利さを実感するには使ってみるのが一番早いのですが、いくつか特長を挙げておきます。

  • 1文字から検索可能
  • HTML改行タグでの区切りを単位に検索

この2点は、検索漏れを防ぐ意味で重要です。
紙媒体の本から起こしたデータを検索対象とするデータベースの場合、2行にまたがっている単語は検出できないことも少なくないのですが、1文字で検索すれば、改行による検索漏れの心配はありません。
(ただし、単語中の1文字だけを検索対象とする方法は、その文字を含む別の単語もすべて検出してしまい、検索ノイズが増えますのでご注意を)
また、源氏物語の世界での改行は、基本的に文末及び地の文と会話文・内話文との切り替わり部分で行われていますので、ひとつの単語が改行タグをはさんで記述されていることはまず考えられません。
ごく普通に用例を検索する分には、素直にその単語を入力すれば問題ないと思います。

  • リンクで前後の文を辿れる

検索結果一覧として最初に表示されるのは検索語の前後数十文字ですが、リンクを開くとその語を含む1行(上記のとおり改行タグで区切った範囲)が表示され、更にそのページから前後の行へのリンクが用意されています。
長大な『源氏物語』ですから、中の1行だけを表示されてもそれがどの場面なのか常にぱっとわかるとは限りませんけれど、リンクを辿って前後が読めると、場面の把握が楽になります。
しかも、遡ったり進んだりできる行数に制約はありません。
また、検索結果画面に表示される、その文を含む巻名の部分が源氏物語の世界へのリンクになっていて、その巻の本文全文のページに飛ぶこともできるようになっています。

  • 複数語検索が可能

2つの単語を検索窓に入力すると、OR検索(どちらかの語を含む行を検出)になります。
同時に、同一行に両方の単語が含まれている場合は、検索結果の右側に印がつき、AND検索(両方の語を含む行を検出)と同じ結果を得ることもできます。

以上のように、とても便利で優れた検索システムですが、注意が必要な点もあります。
特に正規化処理をしていないため、検索語は源氏物語の世界の本文表記そのままでないと検出されません。
例えば、「壺」と「壷」は全く別の文字として扱われますし、「美し」と漢字で検索すると「うつくし」と仮名表記された用例は一切ヒットしません。
源氏物語の世界の本文自体も、すべて統一した表記になっている訳ではないようですので、検索漏れを防ぐには、仮名と漢字、異体字などをひととおり試した方がよいでしょう。

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »