« 生い茂らない八重葎~蓬生の庭~ | トップページ | 『平安朝の年中行事』 »

2006年12月31日 (日)

追儺(ついな)

075inuki 追儺とは、大晦日の夜に疫神・悪鬼を駆逐する年中行事で、「鬼やらひ」「儺やらひ」とも言います。
(「やらひ」は、「遣る」の未然形+上代の反復・継続の助動詞「ふ」が結合した動詞「遣らふ」が名詞化したもので、“追い払う、追放する”の意)
中国の民間行事「大儺」が伝来して宮廷行事に取り入れられたもので、1年の最後の夜に邪気をすべて追い払い、清浄な状態で新年を迎えようという趣旨の行事です。
(写真は、風俗博物館2006年下半期展示「追儺~紫の君の雛あそび~」より、方相氏の真似をした犬君)

日本での文献上の初見は『続日本紀』慶雲三[706]年条の
是年。天下諸国疫疾。百姓多死。始作土牛大儺
という記述で、疫病の流行を鎮める目的で行われたことがわかります。
恒例の行事として定着した時期ははっきりしませんが、『内裏式』(弘仁十二[821]年成立の宮廷儀式書)に「十二月大儺式」と挙がっているところから見て、嵯峨天皇の時代には年中行事のひとつとなっていたと推測されます。
上記引用文にもあるとおり、当初は中国での名称そのままに「大儺」と称していましたが、『日本三代実録』貞観十二[870]年には「追儺」と表記され、以来「追儺」がこの儀式の名称となっていきました。

『内裏式』から『江家次第』まで平安時代各時期の儀式書から宮中での儀式次第をまとめると、概ね以下のようになります。

天皇が紫宸殿に出御し、定刻になると王卿が参入、続いて舎人など武官らが参入し、各自桃の弓と葦の矢を携えます。
次いで、黄金四目の仮面を着け楯と矛を持った方相氏(ほうそうし。疫鬼を駆逐する役。大舎人の中で身体の大きな者が選ばれました)が侲子(しんし。『内裏式』には官奴20人が務めると書かれていますが基本的には子供で、振り鼓を鳴らしながら方相氏に随います)8人を引き連れて南庭に参入、陰陽寮の下部により饗が供されます。
(この饗は、当初は疫鬼に対する供え物だった筈が、方相氏が疫鬼と同一視されるようになっていくに従って『西宮記』の頃には方相氏のための饗になり、更に『江家次第』の書かれた平安後期には行われなくなりました)
続いて陰陽師が、穢れ悪しき疫鬼の住処を日本国の外と定めて追放する旨の祭文を読み上げます。
方相氏は声を上げて楯を3度打ち、群臣はそれに唱和、四門に分かれて疫鬼を追います。
方相氏は、紫宸殿と清涼殿の間に位置する明義門・仙華門を経て滝口の戸を通り、北方の門へ向かいます。
(この点も方相氏と疫鬼を同一視する傾向に伴う変遷があり、はじめは方相氏が目に見えない疫鬼を追っていたのが、『江家次第』の時代になると殿上人らが方相氏を弓矢で射るように変化しました)
王卿らが大内裏の外まで疫鬼を追うと、京職が後を引き継いで方相氏・侲子と共に疫鬼を追って都の外まで練り歩きました。

この儀式で特徴的に登場するのが桃の弓と振り鼓ですが、いずれも邪気を払うものとしての意味があります。
中国での大儺は、声を上げ鉦鼓を打ち鳴らしてその音で鬼を追う他、弓矢で鬼を射ることも行われました。
その両方が追儺にも伝わっている訳です。
弓を桃の枝でつくるのは、黄泉国神話で伊弉諾尊が桃の実を投げて悪鬼を撃退する場面によく表れているように、桃が邪気を払う陽性の植物と信じられていたことに拠ると思われます。

追儺は、(おそらくは方相氏らが邸の前を通るのに合わせてでしょう)それぞれの家庭でも行われ、『源氏物語』の中にも2回登場します。

1回目は紅葉賀巻で、元旦に参内しようとした源氏が紫の君の部屋を覗くと、紫の君は新年早々雛遊びの道具類を広げ、源氏に向かって真剣な顔で
儺やらふとて、犬君がこれをこぼちはべりにければ、つくろひはべるぞ
と説明します。
犬君という童女は、若紫巻から登場している紫の君のよい遊び仲間ですが、初登場の場面でもそうだったように少々粗忽者らしく、ここでも「鬼やらいだ」と言って疫鬼を追い払う真似事をして、紫の君の大事な雛遊びの道具を蹴散らしてしまったようです。

2回目に描かれるのは幻巻の最後です。

年暮れぬと思すも、心細きに、若宮の、
「儺やらはむに、音高かるべきこと、何わざをせさせむ」
と、走りありきたまふも、「をかしき御ありさまを見ざらむこと」と、よろづに忍びがたし。

幼い匂宮は「大きな音を立てて鬼を追い払うには何をさせればいいだろう」と言って無邪気にはしゃいで走り回っており、紫の上を喪い年明けには出家することを決意している老年の源氏の寂寥感と鮮やかな対比を見せています。

その他の作品でも、

「鬼やらひ来ぬる」とあれば、あさましあさましと思ひ果つるもいみじきに、人は、童・大人ともいはず、「儺やらふ儺やらふ」と騒ぎのゝしるを、(『蜻蛉日記』中)
今の上、童におはしませば、つごもりの追儺に殿上人振鼓などしてまゐらせたれば、上振り興じさせたまふもをかし。(『栄花物語』月の宴)
つごもりになりぬれば、追儺とののしる。上いと若うおはしませば、振鼓などして参らするに、君達もをかしう思ふ。(『栄花物語』さまざまのよろこび)

などの記述があり、いずれの例でも、特に幼い子供にとって追儺が賑やかで面白い行事だったことが伝わってきます。
追儺が終わると、宮中では1年の最初の行事である四方拝が執り行われ、新しい年が始まります。

尚、現在も行われている節分の豆まきの源泉はこの追儺です。
悪鬼を追い払って新年を迎える行事を行う日が、本来の大晦日から二十四節気の上での一年の変わり目である立春前日に置き換わった結果で、豆まきの風習は室町時代から見られるようになります。
名前はほとんど知られていませんが、実は形を変えて現代にも伝わっている年中行事です。

【参考文献】
古代学協会, 古代学研究所編『平安時代史事典 CD-ROM版』角川学芸出版 2006年
山中裕, 鈴木一雄編集『平安時代の儀礼と歳事』至文堂 1994年
山中裕, 鈴木一雄編集『平安時代の環境』至文堂 1994年
石村貞吉[著] ; 嵐義人校訂『有職故実』(講談社学術文庫)講談社 1987年
山中裕著『平安朝の年中行事』(塙選書75)塙書房 1972年

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« 生い茂らない八重葎~蓬生の庭~ | トップページ | 『平安朝の年中行事』 »

平安の風俗」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113097/13100131

この記事へのトラックバック一覧です: 追儺(ついな):

« 生い茂らない八重葎~蓬生の庭~ | トップページ | 『平安朝の年中行事』 »