« 古事類苑検索試験システム | トップページ | 算賀(2)時期と場所 »

2007年1月26日 (金)

算賀(1)主催者と被算者

077sanga_1 算賀とは、長寿を祝い、更なる長寿を祈る通過儀礼です。
平安時代は数え四十歳から老年期と見做されて長寿を祝い、その後は10年おきに祝宴を催しました。
年齢に応じて「四十の賀」「五十の賀」などと言いますが、四十の賀だけは“shi”の音を忌んで「五八の賀」と称する場合もありました。
(写真は風俗博物館2004年上半期展示「玉鬘主催源氏四十の賀」より対面する光源氏と玉鬘)

算賀は奈良時代から行われており、『懐風藻』に収録されている「五言。賀五八年」(刀利宣令)や「五言。賀五八年宴」(伊與連古麻呂)などの漢詩が史料として確認できる古い例です。
(これら2つは、いずれも長屋王四十の賀に際して賦されたものと推測されています)
正史に見られる最も早い算賀の記録は、天長二[825]年に淳和天皇が主催した嵯峨上皇四十の賀(『類聚国史』巻二十八「太上天皇算賀」所収『日本後紀』佚文)とされます。
平安中期になると、算賀は皇族・臣下を問わず盛んに行われるようになり、史料に多く残されている他、長編物語にも描かれています。
『源氏物語』も勿論、ストーリーの中にこの儀式を取り込んでいます。

最初に、誰が誰のためにこの儀式を行うのかをまとめておきます。

主催者は、通常は祝われる人(以下「被算者」とします)の親族です。
『新儀式』第四「奉賀天皇御算事」には、

可奉賀天皇御算之年。中宮被奉賀之禮。[或太上天皇。若東宮諸親王。有修此禮。延喜十六年。太上法皇行之。承和□年。皇大弟献賀。]

と記されており、基本的に天皇の算賀は中宮が主催者を務め、場合によっては上皇・東宮・諸親王が主催することもあったことがわかります。
上皇や皇太后の算賀については、『新儀式』第四に「天皇奉賀上皇御算事」及び「天皇賀太后御算事」として挙がっているように天皇が主催するのが基本です。
そして、こうした基本路線の公事の他にも被算者の親族がそれぞれ算賀を主催し、1年の内に何回か催されるのが通例でした。
複数の親族が各々に算賀を主催するのは、被算者が天皇や上皇などの皇族である場合のみに限らず、一般の貴族についても同様でした。

浅尾広良氏「光源氏の算賀-四十賀の典礼-」(『源氏物語の準拠と系譜』所収)及び小町谷照彦氏「貴族の通過儀礼 四.算賀」(『平安時代の儀礼と歳事』所収)に挙げられている歴史上の算賀の事例を見ると、皇族・一般貴族を問わず子女や妻・親・兄弟姉妹などの親族が主催した例が多数見られます。
(具体的な事例は、上記文献でご確認ください)

こうした史実を踏まえて『源氏物語』の算賀をまとめると、以下のようになります。

被算者 年齢 主催者 続柄
一院 紅葉賀巻 桐壺帝 息子?
式部卿宮 五十 乙女巻 紫の上
光源氏 四十 若菜上巻 玉鬘 養女
紫の上
秋好中宮 養女
夕霧 息子
朱雀院 五十 若菜下巻 今上帝 息子
落葉の宮
女三の宮

『源氏物語』でも、史実に則り親族がそれぞれに主催しての算賀が描かれていることがわかります。

次回は、算賀を行う時期と場所についてご紹介いたします。

【参考文献】
古代学協会, 古代学研究所編『平安時代史事典 CD-ROM版』角川学芸出版 2006年
浅尾広良[著]『源氏物語の準拠と系譜』第Ⅱ篇第3章「光源氏の算賀―四十賀の典礼―」翰林書房 2004年
中田武司編集『源氏物語の鑑賞と基礎知識14 若菜上(後半)』至文堂 2000年
中田武司編集『源氏物語の鑑賞と基礎知識3 若菜上(前半)』至文堂 1998年
山中裕, 鈴木一雄編『平安時代の儀礼と歳事』(平安時代の文学と生活)至文堂 1994年

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« 古事類苑検索試験システム | トップページ | 算賀(2)時期と場所 »

平安の風俗」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113097/13320586

この記事へのトラックバック一覧です: 算賀(1)主催者と被算者:

« 古事類苑検索試験システム | トップページ | 算賀(2)時期と場所 »