« 『平安時代儀式年中行事事典』 | トップページ | 『源氏物語の時代』 »

2007年5月25日 (金)

住吉大社

122sumiyoshi_1 明石一族が信仰し、澪標巻と若菜下巻の2度に亘って盛大な参詣が描かれる「住吉の御社」は、海と航海の神として古来より瀬戸内海沿岸の海人部の篤い信仰を集めた大社です。
伊弉諾尊が黄泉国から戻って禊をした際に海の中から生まれた住吉大神(底筒男命〔そこつつのをのみこと〕、中筒男命〔なかつつのをのみこと〕、表筒男命〔うわつつのをのみこと〕の三神の総称)と、大神を神意に従ってこの地に祀った息長足姫命(=神功皇后)の四神をご祭神としています。
「住吉」の名は、平安時代には既に「すみよし」と読んでいましたが、古くは「すみのえ」と読み、元々は“澄んだ入り江”の意味だったと推測されています。
住吉大神は、航海の守り神として港となる清浄な入り江に祀られた神だったのでしょう。

今は埋め立てによって海からはだいぶ離れた立地になってしまっており、海神というイメージも薄まり勝ちですが、かつての境内は海に臨んでいました。
若菜下巻には「二十日の月はるかに澄みて、海の面おもしろく見えわたるに」と大社から海を眺める描写がありますし、佐竹本『三十六歌仙絵巻』の住吉明神図では、波打ち際に鳥居が建ち境内のすぐ傍に舟が漕ぎ寄せる様子が描かれています。
ぐっと時代の下った明治時代にも、社門から400mほど西の住吉公園西端にある高燈籠の辺りまで海が迫っていたといいます。
また、神社全体が西向きになっているのも、瀬戸内海を正面として建てられているが故です。

123sumiyoshi_2 華麗な住吉詣の場面は源氏絵でも多く取り上げられていて、そこで必ずと言っていいほど描かれているのが、朱塗りの鳥居または反橋(両方の場合も)、松、そして浜辺または舟です。
それらの景物のうち、浜辺と舟は無理ですが、他の3つは現在でも目にすることができます。

まず鳥居は、現在では石造りになっています。
特に本殿に至る手前の鳥居は、「住吉鳥居」と呼ばれる珍しい四角柱の鳥居です。
この形は、各本宮の拝殿と本殿の間に建てられている朱塗りの鳥居を原型とする古い様式だそうですが、源氏絵に描かれるのは専ら海に面した参道手前の鳥居であるせいか、四角柱の鳥居は確認できません。
平安時代にも、このような形の鳥居が参拝者を出迎えたのでしょうか。
(写真は、上が参道入口の鳥居、その下が反橋を渡った先に建つ住吉鳥居)

124sumiyoshi_3 そして鳥居以上に特徴的なのが、池の上に架け渡された大きな反橋です。
「太鼓橋」とも呼ばれ、住吉大社の象徴的存在になっています。
平安時代からあったのかどうかは、残念ながら私が調べた範囲では確認が取れませんでしたが、現在の石の橋脚は淀殿あるいは豊臣秀頼が戦乱の時代に朽損した社殿の再興のために奉納したものだそうで、それ以前から存在したことは確かでしょう。
(写真は、参道から撮影した反橋。参拝客はここを渡って住吉鳥居をくぐり、本殿に向かいます)

125sumiyoshi_4 126sumiyoshi_5 最後の松は、平安時代から“住吉といえば松”という図式があったようで、『源氏物語』原文にも繰り返し「松の緑」「松原」と描写されており、現在も本宮の周囲や反橋のかかる池の周りなど境内のあちこちに植えられています。
住吉大社の本宮は、住吉三神を祀る第一本宮から第三本宮までが東西方向に縦一列に並び、息長足姫命の第四本宮が第三本宮の南隣に立つという他に例を見ない特異な配置になっていますが、それらの建物を取り囲むように、松やその他の常緑樹が植わっています。
残念ながら私が訪れたときは曇天でしたので写真の発色が良くありませんけれど、晴れた日は朱塗りの本宮と松の緑とが美しいコントラストを見せるのだろうと思います。
(写真は、右が縦並びの第一~第三本宮、左が第四本宮です。以上、写真はすべて2007年2月撮影)

和歌の神様としても信奉され、平安貴族がしばしば美々しい行列を整えて華やかに参詣した住吉大社。
現在も沢山の参拝客で賑わっています。

【Data】
住所:大阪市住吉区住吉2丁目9-89
交通:阪堺電軌阪堺線住吉鳥居前駅下車徒歩すぐ 南海電鉄住吉大社駅下車徒歩3分
拝観:6:00~17:00(ただし10月~3月は6:30開門) 拝観無料
tel.:06-6672-0753

【参考文献】
日向一雅編集『源氏物語の鑑賞と基礎知識24 澪標』至文堂 2002年
学習研究社編『豪華「源氏絵」の世界 : 源氏物語』学習研究社 1988年
平凡社地方資料センター編『大阪府の地名』(日本歴史地名大系28)平凡社 1986年
住吉大社『住吉大社の由緒』 ※拝観者用パンフレット
住吉大社ウェブサイト

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« 『平安時代儀式年中行事事典』 | トップページ | 『源氏物語の時代』 »

縁の地」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113097/15073471

この記事へのトラックバック一覧です: 住吉大社:

« 『平安時代儀式年中行事事典』 | トップページ | 『源氏物語の時代』 »