« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の記事

2007年6月20日 (水)

賀王恩

132gaoon_1 133gaoon_2 「賀王恩」は、左方唐楽の大食調の曲で、四人舞の平舞です。
「王」の代わりに「皇」の文字を用いる場合もあり、別名「感皇恩」とも言います。
嵯峨天皇の時代に大石峯良がつくったと伝えられますが、大石峯良は10世紀中葉の人物で嵯峨朝では時代が合わず、また中国にも唐の太宗の作とされる同名の曲が存在することもあり、大陸から輸入された後に日本で改作されたものかとも推測されています。
曲名のとおり皇恩を賀(よろこ)ぶ意を表す曲で、特に上皇算賀の際に参音声(まいりおんじょう。楽人・舞人が入場して所定の位置へ着くまでの間に奏する音楽)として演奏されました(*注)。
(写真左は、2005年風俗博物館出張展示「六条院へ出かけよう」より、「賀王恩」を舞う童。右は、高島千春筆『舞楽図』より「賀王恩」)

この曲は、舞が早くに失われてしまったため、現在では具体的な内容を知る術がほとんど残されていません。
上に写真を載せたとおり、『舞楽図』(高島千春筆。文政六[1823]年作)には賀王恩の舞姿が載っているのですが、舞自体はずっと以前に廃絶しており、また情報源に類する記述が残されていないため、何を元に描かれたのかわかりません。
最初に「四人舞」と書きましたが、これも本によって一人舞または六人舞と書かれているものもあり、はっきりと断言はできないのが実際のところです。
番舞も、『楽家録』(元禄三[1690]年成立の雅楽書。安倍季尚著)巻之三十六では「石川」と「綾切」が挙げられていますが、『教訓抄』(天福元[1233]年成立の雅楽書。狛近真著)には「無答舞」(巻第七)と記されていて、やはりよくわかりません。
また奏楽についても、『教訓抄』に「昔ハ五切アリケレドモ、二切ハ絶テ、今三切ゾ侍ル」(巻第三)と記されていて、鎌倉時代には既に一部が失われていました。

こんな訳で今となってはわからないことだらけの舞曲ですが、『教訓抄』巻第三に

光近ノ口伝云、「第三帖ハ四方ヲ拝シテ居。東南西北也」。皇恩を賀心ト謂之。

とあり、舞の終わりの方で東から時計回りに四方を拝する所作があったことはわかります。
同巻には詠があったことも記されていますが、その詞は現代には伝わっていません。

134gaoon_3 135gaoon_4 「賀王恩」の装束は、「襲装束」または「常装束」と呼ばれる、平舞で汎用的に用いられる舞装束です。
赤大口(紅の下袴)・差貫袴(さしぬきのはかま。裾に付けた紐で足首を括る形の袴で、赤大口の上に着用する)・糸鞋(しかい。白絹糸で編んで牛皮の底を張った履物)・踏懸(ふがけ。脚絆に似た装飾具)・下襲・半臂・忘緒(わすれお。半臂を締める)・袍・金帯・鳥甲(とりかぶと)で構成されます。
風俗博物館では、天之社(高野山金剛峰寺の鎮守社)に伝わる装束や『舞楽図巻』(応永十五[1408]年作?)を参考に再現なさったそうで、童舞なので鳥甲の代わりに天冠を着けています。
(写真はいずれも、2005年風俗博物館出張展示「六条院へ出かけよう」より、「賀王恩」を舞う童)
この装束についての詳細は、小池笑芭さんのWebサイト「源氏の部屋」に「六条院行幸『藤裏葉』巻より 賀皇恩」として掲載していただいておりますので、よろしければ併せてご参照ください。

『源氏物語』の中では、藤裏葉巻の最後を飾る冷泉帝・朱雀院の六条院行幸と、若菜上巻の冷泉帝の勅命による夕霧主催の源氏四十の賀の場面で登場します。

わざとの大楽にはあらず、なまめかしきほどに、殿上の童べ、舞仕うまつる。朱雀院の紅葉の賀、例の古事思し出でらる。「賀王恩」といふものを奏するほどに、太政大臣の御弟子の十ばかりなる、切におもしろう舞ふ。内裏の帝、御衣ぬぎて賜ふ。(藤裏葉巻)

例の、「万歳楽」、「賀王恩」などいふ舞、けしきばかり舞ひて、大臣の渡りたまへるに、めづらしくもてはやしたまへる御遊びに、皆人、心を入れたまへり。(若菜上巻)

歴史上の事例では、永祚元[989]年三月二十三日の春日大社行幸で胡蝶と番えられて童舞で、治安元[1021]年十月十五日の同じく春日大社行幸でこちらも胡蝶と共に、舞われたことが『小右記』に記述されています。

*注
『源氏物語図典』に「祝賀、特に太上天皇の御賀に用いられる」、また源氏物語音楽用語事典(上原作和氏編集)に「太上天皇の御賀などで舞われた」とあるところから、私も上記リンク先のレポートではそのまま踏襲して「特に太上天皇の御賀で舞われました」と記述しましたが、現在は若干疑問を抱いています。
『教訓抄』巻第三に「太上天皇御賀参音声、奏此曲」とあり、実例としても
参入音声、[賀王恩、]」(『中右記』康和四[1102]年三月十八日条:白河法皇五十の賀)
此間奏参入音声、[賀王恩、]」(『深心院関白記』文永五[1268]年一月二十四日条:後嵯峨上皇五十の賀の試楽)
といった記録が残っているのですが、上皇算賀で舞として奏された例が見つからないのです。
何分にも素人のしていることですので私の調査不足ということも充分に考えられますが、もしかしたら『教訓抄』の記述の「参音声」の部分が見落とされたか、『源氏物語』の用例に解説が逆に引っ張られてしまった可能性もあるのではないか…という気が少々しています。

【参考文献】
秋山虔, 小町谷照彦編;須貝稔作図『源氏物語図典』小学館 1997年
東儀信太郎[ほか]執筆『雅楽事典』音楽之友社 1989年
安倍季尚撰 ; 正宗敦夫編纂校訂『楽家録』(覆刻日本古典全集)現代思潮社 1977年
狛近真著 ; 植木行宣校訂『教訓抄』(日本思想大系第23巻『古代中世芸術論』所収)岩波書店 1973年
神宮司廳編『古事類苑43 楽舞部一』普及版 古事類苑刊行會 1931年
高島千春筆『舞楽図 左』(故實叢書第3輯第18回)吉川弘文館 1905年
東京大学史料編纂所作成「古記録フルテキストデータベース
東京大学史料編纂所作成「大日本史料総合データベース
上原作和編「源氏物語音楽用語事典

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

| | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

「納曽利」画像変更+追加

納曽利(落蹲)」の画像サイズを変更し、サムネイル・ポップアップともに以前よりも大きいサイズでご覧いただけるようにしました。
また、現代の舞を見る機会を得たので、その際に撮影した写真を追加しました。
既にお読みくださった方も、よろしければご覧ください。

| | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

陵王

117hakkou_32128ryooh_1 「陵王」は、左方唐楽の代表的な一人舞で、走舞の傑作とされています。
雅楽会の公演や法会などでの奏舞の機会が非常に多く、最近では2005年のNHK大河ドラマ「義経」のオープニング映像にも登場しましたので、全般に現代人には馴染みの薄い舞楽の中にあってはよく知られた舞だろうと思います。
調子は沙陀調(壱越調の枝調子)。
番舞は、こちらも名作と名高い「納曽利(落蹲)」です。
「陵王」の他に「蘭陵王」「羅陵王」「竜王」などとも称され、舞を「陵王」、曲を「蘭陵王」と呼び分けるとも、「陵王」は単に「蘭陵王」を略したものとも言われます。
更に「没日還午楽」の別称もあります。
(写真左は、風俗博物館2007年上半期展示「紫の上による法華経千部供養」より、陵王の舞。右は高島千春筆『舞楽図』より「蘭陵王」)

作舞の由来は、『教訓抄』(天福元[1233]年成立の雅楽書。狛近真著)巻第一に次のように記されています。

北斉の王・長恭(=蘭陵王)は大変な美貌の持ち主で、兵士達が戦よりも王の姿を見ようとばかりするので、軍の士気を高めるために戦場ではその容貌を隠して獰猛な仮面を被って指揮を執り、見事勝利を収めました。
この舞はその武勇を象ったもので、「蘭陵王入陣曲」と言います。

一方で『教訓抄』は異なる由来も伝えており、そちらは以下のような内容です。

隣国との戦の最中に死去した王の後を継いだ脂那国の太子が、争いを鎮められず父王の墓前で苦戦を嘆いたところ、父王の魂が沈みかけていた日を中天に呼び戻し、敗れかけていた合戦に勝利することができました。
人々はこぞってこれを祝して舞い歌い、「没日還午楽」と名づけました。

どちらの説も、戦勝にまつわる中国の伝承に基づくという点は同じです。
日本へは林邑(現在のベトナム一帯)僧仏哲が伝え、尾張連浜主(8世紀の楽師。生没年不詳)が孝謙天皇の命を受けて一部改作したとされます。

129ryooh_2 130ryooh_3 装束は別様装束(特定の舞にのみ用いる専用の装束のこと)で、赤大口・差貫袴(さしぬきのはかま)・袍・毛縁裲襠(けべりりょうとう)・当帯・糸鞋(しかい)に、面と牟子、右手に持つ金色の桴(ばち)から構成されます。
袍は闕腋袍で、平舞で着用する襲装束の袍とは違って袖先に露紐が通っており、着装時には露紐を絞って手首で括ります。
毛縁裲襠は、名前のとおり毛で縁取りされた袖なしの貫頭衣で、袍の上に着ます。
首の部分がV字になっているのは、風俗博物館の展示レジュメによると『春日権現験記』(延慶二[1309]年作)『舞楽図巻』(応永十五[1408]年作?)に基づいての古様の再現だそうです。
当帯も、現行の舞楽ですと銅製で金メッキを施したものを用いますが、展示では裲襠と別布の摂腰(せびえ)になっています。
糸鞋は白絹糸で編んで牛皮の底を張った履物で、舞人・管方共通です。
この曲の装束を特徴付けるのは何と言っても面で、上部に竜頭もしくは金翅鳥が付いた金色の猛々しい吊顎面を着用します。
桴は、『教訓抄』に従えば「鞭(べん)」と呼ばれる中国の武器を模ったもので、伝来当初はもっと長かったのが、改作によって一尺二寸(約36cm)に縮められたと言います。
全体に赤と金を基調とする、非常に豪華な舞装束です。
(写真はいずれも風俗博物館2007年上半期展示「紫の上による法華経千部供養」より)

131ryooh_4 曲の構成は、まず〈小乱声〉が奏され、次に〈陵王乱序〉の演奏と共に舞人が登台して〈出手〉を舞います。
この〈陵王乱序〉の所作にはそれぞれ名前があり、中に「日掻返手(ひをかきかへすて)」という桴を翻す動きがあります。
『源氏物語』橋姫巻の薫が宇治の姉妹を垣間見る場面で大君が「入る日を返す撥こそありけれ」と言う台詞は、この所作を典拠としたものです。
続いて〈囀〉で、一度音楽が途切れ舞人の動きだけになります。
〈囀〉という名前からも窺われるとおり、本来はここで舞人が謡うのですが(『教訓抄』には3説の詞が記されています)、発声法が失われているため現代の奏舞では言葉は発しません。
その後、〈沙陀調音取〉を挟んで、当曲〈破〉。
〈破〉の振りは非常に活発で、桴を振り上げたり高く脚を上げたりする所作があります。
最後に〈安摩乱声〉が奏される中〈入手〉を舞って降台、退場します。
『教訓抄』巻第一には、〈囀〉と〈沙陀調音取〉の間に「嗔序(しむじょ)」、〈沙陀調音取〉と当曲の間に「荒序(くわうじょ)」が記されていますが、後に廃絶してしまい現代には伝わっていません。
また、『源氏物語』御法巻の紫の上による法華経千部供養の場面に「陵王の舞ひ手急になるほどの末つ方の楽、はなやかににぎははしく聞こゆるに」という描写がありますが、以上のとおりこの曲には〈急〉が存在せず廃絶した形跡も見られないため、古くから諸注が疑問を呈しています。
(最後の写真は、平安雅楽会による「陵王」。2007年5月20日撮影)

平安時代には競馬・相撲・賭弓などの勝負事で左方が勝利した際に舞われた他、算賀や法会での奏舞の例も多く、算賀では特に童舞で幼い子供が舞う例が目立ちます。
『源氏物語』の中では、若菜下巻の朱雀院五十の賀の試楽で髭黒大将の三男(玉鬘腹の第一子)が童舞で舞う件と、上に挙げた御法巻に描かれています。
平安時代から、さまざまな折に盛んに舞われる人気の曲目だったようです。

【参考文献】
古代学協会, 古代学研究所編『平安時代史事典 CD-ROM版』角川学芸出版 2006年
秋山虔, 小町谷照彦編;須貝稔作図『源氏物語図典』小学館 1997年
多忠麿編 ; 林嘉吉撮影『雅楽のデザイン : 王朝装束の美意識』小学館 1990年
東儀信太郎[ほか]執筆『雅楽事典』音楽之友社 1989年
音楽之友社編『邦楽百科辞典:雅楽から民謡まで』音楽之友社 1984年
狛近真著 ; 植木行宣校訂『教訓抄』(日本思想大系第23巻『古代中世芸術論』所収)岩波書店 1973年

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

| | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

『源氏物語の時代』

127ichijo この本の内容は、記事タイトルにもしましたメインの書名『源氏物語の時代』よりも、副書名の方により的確に示されていると思います。
「一条天皇と后たちのものがたり」――『源氏物語』が書かれた時代に帝位にあった一条天皇と、彼の2人の后(皇后/中宮)・藤原定子と藤原彰子が、本書の主人公です。

『源氏物語の時代 : 一条天皇と后たちのものがたり』
山本淳子著(朝日選書820) 朝日新聞社 2007年
ISBN:978-4-02-259920-9 税込定価1,365円

私は最初に、一条天皇らのことを“主人公”と書きました。
ですが、この本は小説ではありません。
著者(小説のような創作ではないので、あくまで“作者”ではなく“著者”になります)が「はじめに」で

本書がいざなう世界は、一見、歴史小説のそれに似ているかもしれません。しかし小説が本質的に小説家個人の想像力による創作物であるのに対し、本書は資料と学説のみに立脚し、あくまで〈伝えられてきた〉一条朝の再現を目指しています。

と宣言しているように、『日本紀略』や、『御堂関白記』『小右記』を初めとする同時代の貴族日記、『栄花物語』『大鏡』などの歴史物語、更には後世の説話などの資料を現代語に直した形で掲載しながら、エピソードをつなぎ合わせて一条天皇と彼を取り巻く人々の人生ドラマを再構築しています。
個々の出来事については、どの資料にどういう形で記され、そこからどのようなことが推測されるか、が丁寧に説明されています。
それでも、“歴史資料を読む”というような堅苦しさは全然なく、それこそ巧みな歴史小説のような読みやすさで一気に読めてしまいますので、「難しい本なんじゃないか」との心配は全く必要ありません。
天皇として、また1人の男性として、真面目に誠実に生きた一条天皇。
打てば響く才気と明るい性格で天皇の愛を独占しながらも、実家の没落に遭い逆境の中で儚く世を去った定子。
自己主張のない地味な存在から、次第に成長し天皇家と摂関家を見守り支える「賢后」へと脱皮した彰子。
資料から掬い上げられた彼らの人格と人生は、脚色などなくても読者の心を強く惹き付ける魅力にあふれています。

読み終えて私が何よりも強く感じたのは、それぞれの立場で愛と孤独に苦しんだのであろう3人への、切ないような愛おしさでした。
そして、
「一条、定子、彰子、それぞれの試練は、『源氏物語』の精神を形作った原点でもあったと、私は考えている」
との「あとがき」の言葉に、深い共感を覚えました。

文学作品は、作者の生きた時代の影響なしには成り立ち得ません。
ですが、これまで私が目にした紫式部や清少納言、一条天皇などの人物伝は、作家の想像・脚色が加わり時には史実に目をつぶった内容さえ含む歴史小説か、専門的な研究書かのどちらかでしかありませんでした。
地に足の着いた研究に立脚しつつ面白く読める、このような本は画期的だと思います。
中高生でも充分に読みこなせる易しい文章で書かれていますので、『源氏物語』や『枕草子』がお好きな方ならどなたでも、構えることなく気軽に読んでいただきたい1冊です。

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

| | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »