« 皇麞(おうじょう) | トップページ | 京都御所 »

2007年7月29日 (日)

万歳楽

143manzairaku_1 144manzairaku_2 「万歳楽」は左方唐楽平調の舞曲で、平舞の代表的名作とされています。
作曲の由来は諸説ありますが、賢帝の治世に現れるとされる鳳凰が「賢王万歳」と囀り舞い飛ぶ姿を舞曲にしたとする『教訓抄』(天福元[1233]年成立の雅楽書。狛近真著)巻第一の伝承をはじめ、いずれも君主の治世を寿ぐ曲としており、その由来に相応しく、平安時代には堂塔供養などの大法会や行幸・算賀などのおめでたい場での奏舞の例が多く見られます。
現代でも、天皇即位式で舞われたり在位記念の切手の図柄になったりと、皇室の慶事と縁の深い演目です。
隋の煬帝が作らせたとする伝承から「煬帝万歳楽」、また「鳥歌万歳楽」との別名もあります(ただし「鳥歌万歳楽」は「万歳楽」とは別の曲とする説もあり)。
(写真は、左が風俗博物館2007年下半期展示「朱雀院五十賀の試楽」より万歳楽の舞、右が高島千春筆『舞楽図』より「万歳楽」)

現行の舞は四人舞ですが、平安時代には四人舞の他に六人舞の例も散見され、天暦四[950]年の残菊の宴では六人の童女が舞った記録が残り(『九暦』同年十月八日条)、『教訓抄』巻第七には内教坊で八人の女舞として教習することが記されています。
童舞の例も多く、舞人の人数にも種類にもさまざまなバリエーションがあったようです。
奏楽の方も「此楽、参音声、並ニ船楽、立楽ニ奏ス」(『教訓抄』巻第一)と、いろいろな形で演奏されました。

楽曲構成は、まず〈平調調子〉で舞人が登台し、〈出手〉を舞います。
続いて〈当曲〉に入りますが、この曲は元来七帖だったものが時代と共に省略と脱落を繰り返したようで、現在では最初の半帖と少しの譜と舞しか伝わっていません。
『仁智要録』(藤原師長[1138-1192]著の雅楽書)には早くも
長秋卿横笛譜云、本是舞七帖也、而今世舞五帖、近代弾三反[舞一二五帖也]
と記され、『教訓抄』になると
昔ハ舞五返アリケレドモ、三・四帖ハタヘテ、今ハ一・二・五帖バカリゾツタハリテ侍ル」(巻第一)
と、元が七帖だったことは既に忘れられ平安末期に省略された三・四帖は廃絶、更に一帖半(一帖すべてと五帖の前半)、一帖(一帖と五帖の各前半のみ)、半帖(一帖の前半)で舞う省略法も記載されています。
ほぼ同時期の『雑秘別録』(嘉禄三[1227]年成立の雅楽書。藤原孝道著)にも
りやくするには一反廿拍子。すゑにこのごろはいたく略して。半帖よりかみ十拍子をするに
との記述があり、一帖の前半しか現代に伝わらなかった事情を窺わせます。
現行の奏舞では、半帖で〈志止禰拍子〉(しとねびょうし)という最後の旋律で打つ太鼓を付け加えて〈当曲〉を終えます。
最後に〈入調〉で舞人が〈入手〉を舞って降台します。

145manzairaku_3 146manzairaku_4 装束は左方平舞装束で、赤大口(紅の下袴)・差貫袴(さしぬきのはかま。裾に付けた紐で足首を括る形の袴で、赤大口の上に着用する)・糸鞋(しかい。白絹糸で編んで牛皮の底を張った履物)・踏掛(ふがけ。脚絆に似た装飾具)・下襲・半臂・忘緒(わすれお。半臂を締める)・紅の袍・金帯・鳥甲(とりかぶと)から構成されます。
風俗博物館の展示では袍の色が麹塵になっていますが、これは具現した朱雀院五十の賀の試楽の場面の原文に
かの御賀の日は、赤き白橡に、葡萄染の下襲を着るべし、今日は、青色に蘇芳襲」(若菜下巻)
と記されているのに従ったもので、本来は左の装束として赤白橡(迦陵頻の袍と同じ色)の袍を用います。
片肩袒で、写真のように袍の右肩を脱いで着装します。
展示では童舞のため、鳥甲の代わりに天冠を着けています。
(写真はいずれも風俗博物館2007年下半期展示「朱雀院五十賀の試楽」より、万歳楽を舞う童)

番舞は、現行では延喜楽にほぼ固定されていますが、平安時代には地久と番えられる例が多く、他にも新鳥蘇・長保楽・綾切・皇仁などさまざまな曲が答舞になっています。

『源氏物語』では、いずれも算賀の宴を彩る舞として登場しており、若菜上巻の紫の上による光源氏四十の賀の薬師仏供養の精進落としと冷泉帝の勅命による夕霧主催の光源氏四十の賀では名前だけですが、若菜下巻の朱雀院五十の賀の試楽では、髭黒大将の四男・夕霧の三男・式部卿宮の孫2人による四人の童舞として描写されています。
また『紫式部日記』にも、一条天皇の土御門殿行幸の際に舞われたことが記されています。
この頃は、七帖で緩やかに奏舞されていたのでしょうか。今は想像するより他ありません。

【参考文献】
古代学協会, 古代学研究所編『平安時代史事典 CD-ROM版』角川学芸出版 2006年
秋山虔, 小町谷照彦編;須貝稔作図『源氏物語図典』小学館 1997年
音楽之友社[編]『邦楽百科辞典 : 雅楽から民謡まで』音楽之友社 1984年
安倍季尚撰 ; 正宗敦夫編纂校訂『楽家録』(覆刻日本古典全集)現代思潮社 1977年
狛近真著 ; 植木行宣校訂『教訓抄』(日本思想大系第23巻『古代中世芸術論』所収)岩波書店 1973年
塙保己一編『群書類従 第19輯』訂正3版 続群書類従完成会 1960年
神宮司廳編『古事類苑43 楽舞部一』普及版 古事類苑刊行會 1931年
高島千春筆『舞楽図 左』(故實叢書第3輯第18回)吉川弘文館 1905年
東京大学史料編纂所作成「古記録フルテキストデータベース

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« 皇麞(おうじょう) | トップページ | 京都御所 »

平安の風俗」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113097/15940927

この記事へのトラックバック一覧です: 万歳楽:

« 皇麞(おうじょう) | トップページ | 京都御所 »