« 下襲(1)裾の長さ | トップページ | 下襲(3)着る側と見る側の意識 »

2007年8月30日 (木)

下襲(2)材質と色目

158shitagasane_3 下襲は、裾の長さだけでなく材質についても身分によって制限がありました。
下襲(1)裾の長さで引用した『李部王記』天暦元[947]年十一月十七日条の記述「公卿節会日得用綾」からは、公卿のみ節会の日に限って綾織物の下襲が許されたことがわかります。
ですがこの半世紀後の『小右記』には、一条天皇初めての官奏御覧に伺候した左大臣・源雅信の下襲について

左府着平絹青朽葉下襲、今日猶可被着綾歟、就中着白阿古め、無威儀也(正暦四[993]年四月二十八日条)

と記されています。
この頃には、節会に限らず威儀を正すべきときは綾の下襲が相応しいと考えられていたようです。
また、同じく『小右記』の長和元[1012]年四月二十六日条には、翌日に婿取りをする藤原公任のために綾の袍と下襲を貸したとの記事もあり、綾織物の使用制限はかなり緩んでいたらしいことが窺われます。
更に『小右記』の記事から200年弱時代の下った『満佐須計装束抄』には

冬躑躅の下襲。上達部綾。殿上人平絹なり。(中略)躑躅といふはつねの下襲をいふなり。(巻二)

とあって、時代と共に綾織物の使用が日常化していったと推測されます。
その一方で、公卿以上しか綾織物の下襲の着用が許されないという線引きは、天暦元[947]年の倹約令から『満佐須計装束抄』の書かれた平安末期まで守られたことも見て取れます。
やはり身分の低い者が華美な装いをすることには厳しかったようで、例えば『小右記』には、寛弘二[1005]年三月八日、蔵人兵部丞・藤原定佐が「織物下襲」を着用して彰子中宮の大原野神社行啓に供奉し、検非違使別当の藤原斉信に咎められたとの記述があります。
(写真は、2005年夏に京都文化博物館で開催された風俗博物館出張展示「六條院へ出かけよう」より、“一日晴”の織物の下襲を着た四位の殿上人)

159shitagasane_4 160shitagasane_5 色目については禁色を除いて特に制約はなく、さまざまな色を折に合わせて着用しました。
『満佐須計装束抄』には、

夏は上達部あか色の下襲。殿上人二藍。おとなしき人青朽葉つねのことなり。冬躑躅の下襲。上達部綾。殿上人平絹なり。又さもあるをり柳桜。裏山吹又おりによりて着るなり。殿上人も色を聴りたるこれらをみな着る。わかき人裏濃蘇芳萌黄又つねのことなり。表袴もかくのごとし。おとなしき人は柳の下襲とて着る。裏は青黒色に染むるなり。豆染と申す。(巻二)

と記されており、日常に着る色目はある程度決まっているものの、それ以外の色も時節や年齢などの要素を踏まえながら多彩に取り入れていたらしいことがわかります。
尚、上の引用文で冬の基本の色目とされている「躑躅」は、絵巻の彩色や『装束抄』(室町中期成立の装束に関する有職故実書。三條西実隆著)の

冬ハ表浮線綾。色白。裏ハ遠菱ノ綾。色蘇芳ノ濃打也。是ヲ蘇芳打ノ下襲ト云。(中略)又禁色ヲ聴サレザル殿上人以下ハ。躑躅ノ下襲トテ平絹也。色ハ蘇芳ノ下襲ニ同ジ。

という記述を見合わせるに、よく解説される表蘇芳・裏萌黄ではなく表白・裏蘇芳の重ねを指すと推測されます。
(写真左は、風俗博物館2004年上半期展示「斎宮女御と弘徽殿女御の絵合」より、躑躅の下襲を着た束帯装束の光源氏。右は風俗博物館2002年下半期展示「女三の宮持仏開眼供養」より、紅の下襲を着た夏の束帯装束の上達部)

具体例をいくつか見てみましょう。
上で引用した『小右記』正暦四[993]年四月二十八日条で源雅信が着用しているのは、青朽葉の下襲です。
雅信はこの年数え七十四歳ですから、『満佐須計装束抄』に言うところの“年配者の夏の普段使いの色目”と言えます。
藤原定佐が過差を咎められた彰子中宮の大原野神社行啓では、左大臣・藤原道長は赤白橡の袍に砧で打って光沢を出した桜の下襲を、権中納言・藤原隆家は織物の桜色の下襲に山吹の表袴を装って供奉しました(『小右記』同日条)。
2人が着た桜の下襲は、ちょうど桜の時節の行啓に合わせての選択だったと思われます。
また、天暦七[953]年十月二十八日に催された殿上菊合では、左右に分けられた殿上人が左方は葡萄染、右方は紅色の下襲をそれぞれお揃いで装う企画がなされたことが、『九暦』同日条からわかります。
(ただし、当初十月二十七日開催の予定で人々はそのように装ったものの、穏子中宮病悩によりその日は中止、1日順延で行われた二十八日は各人が意に任せて下襲を着用したので左右の色分けは実現しなかった、と記されています)
『枕草子』にも、

冬は、躑躅。桜。掻練襲。蘇芳襲。夏は、二藍。白襲。(第二六九段「下襲は」)

とさまざまな色目の下襲が挙がっています。

勿論、『源氏物語』にも多彩な下襲が登場します。

まず束帯装束の下襲としては、葵の上の喪に服した源氏が桐壺院の許に参った際の「無紋の表の御衣に、鈍色の御下襲、纓巻きたまへるやつれ姿」(葵巻)、冷泉帝の朱雀院行幸に供奉した人々の「青色に、桜襲」(乙女巻)、同じく冷泉帝の大原野行幸に供奉した人々の「青色の袍、葡萄染の下襲」(行幸巻)、六条院の住吉詣でに付き従った若い上達部達の「匂ひもなく黒き袍に、蘇芳襲の、葡萄染の袖」(若菜下巻)などが挙げられます。
また着用している例ではありませんが、「いときよらなる朽葉の羅、今様色の二なく擣ちたるなど」(野分巻)を広げて冬の装束の用意をしている最中の花散里を訪れた源氏が、「中将の下襲か。御前の壺前栽の宴も止まりぬらむかし」(同巻)と話しかける場面があります。
喪服の例はさておき、その他は華やかな色が並んでおり、宮廷の行事を美しく彩った様子が想像できます。

布袴装束(束帯装束の表袴に換えて指貫を穿く略礼装)の例も1ヶ所あります。
式部卿宮が北の方を自邸に引き取ってしまったと聞いた髭黒大将が面会に出かける場面で、「よき上の御衣、柳の下襲、青鈍の綺の指貫」(真木柱巻)に着替えます。
いとものものし」(同巻)という語り手の評価のとおりの重々しい色の取り合わせですが、柳の下襲は『満佐須計装束抄』の上記引用文によれば年配者の着用で、青鈍の指貫も『枕草子』などを読むと年配者の着用例が多く、「年三十二三のほど」(藤袴巻)という年齢よりは老けた装いとも言えます。

もうひとつの下襲の着用法に、直衣布袴があります。
(ただし、『源氏物語』の時代はまだ「直衣布袴」とは呼ばず、「直衣下襲」「直衣に下襲を加ふ」などの言い方をしたようです)
直衣は基本的にプライベートな服装ですが、下襲を加えると冠直衣より更に1段階フォーマルな装いになり、例えば冷泉院からの招請の手紙を受けた源氏が六条院に集まっていた蛍宮や夕霧などと共に参院するにあたって「直衣にて、軽らかなる御よそひどもなれば、下襲ばかりたてまつり加へて」(鈴虫巻)とする場面などに、直衣布袴という衣裳の格が端的に表れています。
(因みに、この場面の原文では下襲の色目は書かれていませんが、国宝『源氏物語絵巻』鈴虫(二)では黒っぽい菱紋の薄物に描かれています)
色目が語られている場面としては、若き日の光源氏の麗姿としてひときわ読者に印象深い右大臣家の藤花の宴での「桜の唐の綺の御直衣、葡萄染の下襲」(花宴巻)、三条宮に母を訪ねる内大臣の「葡萄染の御指貫、桜の下襲」(行幸巻)の2ヶ所があります。

このように女房装束にも負けない華やかな色目で、下襲はフォーマルな場での貴族男性のお洒落の要として重要な役割を担っていました。

【参考文献】
古代学協会, 古代学研究所編『平安時代史事典 CD-ROM版』角川学芸出版 2006年
五島邦治監修;風俗博物館編集『源氏物語と京都:六條院へ出かけよう』光村推古書院 2005年
秋山虔, 小町谷照彦編『源氏物語図典』小学館 1997年
長崎盛輝著『かさねの色目:平安の配彩美』京都書院 1996年
山中裕, 鈴木一雄編『平安時代の信仰と生活』(平安時代の文学と生活)至文堂 1994年
あかね会編『平安朝服飾百科辞典』講談社 1975年
塙保己一編『群書類従 第8輯』訂正3版 続群書類従完成會 1960年
東京大学史料編纂所作成「古記録フルテキストデータベース

※この記事は、小池笑芭さんのWebサイト「源氏の部屋」に掲載していただいている「下襲」を加筆修正したものです。

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« 下襲(1)裾の長さ | トップページ | 下襲(3)着る側と見る側の意識 »

平安の風俗」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113097/16260029

この記事へのトラックバック一覧です: 下襲(2)材質と色目:

« 下襲(1)裾の長さ | トップページ | 下襲(3)着る側と見る側の意識 »