« 大原野 | トップページ | 髪削(かみそぎ) »

2007年9月30日 (日)

遣水

166yarimizu_1 平安時代の貴族邸宅においては庭に趣向が凝らされ、新居造営の際には家屋以上に力を入れたことが知られていますが、そうした寝殿造の庭園に欠かせなかったものに、池と並んで遣水が挙げられます。
遣水は、邸宅の敷地内の泉や外から水路を設けて引き込んだ川の水を、南庭の池に注ぎ込むように流しました。
平安時代の造園指南書とも言うべき『作庭記』(橘俊綱著?平安後期成立)には、

経云、東より南へむかへて西へながすを順流とす。西より東へながすを逆流とす。しかれバ東より西へながす、常事也。又東方よりいだして、舎屋のしたをとおして、未申方へ出す、最吉也。(中略)南庭へ出すやり水、おほくハ透渡殿のしたより出テ西へむかへてながす、常事也。又北対よりいれて二棟の屋のしたをへて透渡殿のしたより出ス水、中門のまへより池へいるゝ常事也。

と記されており、敷地の東側から殿舎の下をくぐって南西方向へ流し出すのが最もよく、透渡殿の下を通って中門の前から池に至るのが常道とされました。
平安時代の実例では、東三条殿に千貫泉という泉があり、また藤原道長の土御門殿や藤原実資の小野宮は平安京の東縁を流れる京極川(=中川)から水を引き入れていたと言います。
『源氏物語』の中では帚木巻に、紀伊守邸が中川の水を堰き入れ、渡殿付近に泉も湧いていた描写があります。

とはいえ、そう都合よく敷地の東部に泉が湧くなり北東側から水が引けるとは限らない訳で、例外はまま生じました。
例えば『源氏物語図典』掲載の東三条殿平面図では千貫泉は寝殿西側にあり、遣水はそこから北の対の前を通って東側に迂回してから南庭に向かう流れになっていますし、六条院夏の町は西の対に面して遣水が流れている(篝火巻)他、二条院でも西の対の西側に更に壺庭があって遣水が流れている描写があります(東屋巻)。
同じ『作庭記』の中には、
太子伝云、青竜常にまもるれい水、東へながる。この説のごとくならば、逆流の水也といふとも、東方にあらば吉なるべし
経云、家より東に流水あるを青竜とす。もしその流水なけれバ、柳九本をうゑて青竜の代とす
といった記述もあるので、土地の事情などで定石どおりに遣水を流せない場合は逆流させたり遣水を設けない場合もあったことがわかります。

167yarimizu_2 168yarimizu_3 遣水は、流路の所々に石を立てて左右に蛇行させたり水を石にぶつけて白く泡立てたりして、谷川や野の川の流れを模り、変化をつけて流しました。
また流れの一部を堰き止めて、滝をつくる場合もありました。
当時は遣水の流れそのものが重要な観賞の対象となっていたようで、『作庭記』には、沢山石を立てすぎると遠くから見渡したときに無闇に石だらけに見えてよくないとか、周りに見通しを妨げるような大きく茂る前栽は植えず、桔梗や女郎花、吾亦紅、擬宝珠などの草花を植えるのが良いとか、景観を整えるための細かな注意点が書かれています。
こうした『作庭記』流の遣水の姿を現代に伝えているのが平泉にある毛越寺で、庭園の北東から大泉が池に流れ込む遣水は、発掘調査によってほぼ完全な形で検出された平安時代の遺構を復元したものです。
その他、絵画資料として『年中行事絵巻』や『源氏物語絵巻』などが挙げられ、『源氏物語絵巻』鈴虫(一)の復元模写では、原画では剥落してわからなくなってしまった前栽として薄・萩・女郎花などの秋草も描き込まれています。

『源氏物語』の中にも、遣水はいろいろな形で度々登場します。
六条院秋の町に「泉の水遠く澄ましやり、水の音まさるべき巌立て加へ、滝落として」(乙女巻)秋の野の風情をなした遣水が設けられたのをはじめ、六条院春の町・夏の町、二条院、祖母大宮から夕霧夫妻が受け継いだ三条第、常陸宮邸、一条宮、紀伊守邸、明石の入道邸、北山の僧都の庵、八の宮の宇治山荘、小野の尼君の山荘に遣水の描写が見られます。
居住者の階級や邸の規模、本宅か別荘かなどの差異を問わず描かれているところから、遣水は寝殿造の庭園に不可欠な要素だったことが感じられます。

169yarimizu_4 一方で、遣水は常に手入れをしていないとすぐに落ち葉などで埋もれて詰まってしまったようです。
『源氏物語』の遣水は、ときとして家を守る主を失って荒れた邸の象徴としても登場し、埋もれた遣水を掻き払い心地よい流れを甦えらせる描写を通して荒れた邸に活気が戻る様子が描かれます。
こうした遣水の描かれ方が最も顕著なのが、再び源氏の庇護を受けるようになった常陸宮邸を描く蓬生巻末で、他にも大宮の死後住む人のいなかった三条第に夕霧夫妻が移り住む藤裏葉巻や、源氏が転地療養中の紫の上と共に二条院の庭を眺める若菜下巻の場面が挙げられます。
それらと表裏をなすように、『紫式部日記』には道長が指図して遣水の掃除をさせる姿が彰子中宮の出産前後2度にわたって書き留められ、土御門殿行幸の記述では「いとよく払らはれたる遣水の心地ゆきたる気色して」と賞賛しています。
紫式部は、手入れの行き届いた遣水にその邸の繁栄と主の心配りの細やかさを見ていたのかもしれません。

記事中の写真は上から順に以下のとおりです。

1枚目
:2004年風俗博物館出張展示より、寝殿と東の対をつなぐ渡殿の下をくぐる遣水
2・3枚目
:毛越寺庭園の遣水(2007年9月撮影)
4枚目
:えさし藤原の郷「伽羅御所」東の対から見た透渡殿と遣水(2007年9月撮影)

【参考文献】
古代学協会, 古代学研究所編『平安時代史事典 CD-ROM版』角川学芸出版 2006年
NHK名古屋放送局「よみがえる源氏物語絵巻」取材班著『よみがえる源氏物語絵巻:全巻復元に挑む』日本放送出版協会 2006年
池浩三, 倉田実編集『源氏物語の鑑賞と基礎知識17 空蝉』至文堂 2001年
秋山虔, 小町谷照彦編『源氏物語図典』小学館 1997年
山中裕, 鈴木一雄編『平安時代の信仰と生活』(平安時代の文学と生活)至文堂 1994年
山中裕, 鈴木一雄編『平安貴族の環境』(平安時代の文学と生活)至文堂 1994年
森蘊著『「作庭記」の世界 : 平安朝の庭園美』(NHKブックス<カラー版>C27)日本放送出版協会 1986年

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« 大原野 | トップページ | 髪削(かみそぎ) »

平安の風俗」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113097/16613976

この記事へのトラックバック一覧です: 遣水:

« 大原野 | トップページ | 髪削(かみそぎ) »