« 「階」か「橋」か~『枕草子』能因本「黒木のはし」の正体~ | トップページ | 木津川・泉橋寺 »

2007年11月28日 (水)

椿市(つばいち)

176tsubaichi_1 さすらいのヒロイン・玉鬘が、かつての夕顔の女房・右近と劇的な再会を果たす椿市(つばいち。「海石榴市」とも書きます)の地は、大和国城上郡の長谷山口(現在の奈良県桜井市金屋)にあり、初瀬詣が盛んになった平安時代以降、長谷寺への参詣者を受け入れる宿泊地として栄えました。
『枕草子』には

海石榴市、大和にあまたあるなかに、長谷にまうづる人のかならずそこに泊るは、観音の縁のあるにやと、心異なり。(第十一段「市は」)

と書かれており、長谷寺とのつながりの深さがわかります。
(海石榴市の名前は奈良時代の文献にも見えますが、『古代地名大辞典』は、『万葉集』の時代に「八十の衢」と詠まれて交通の要衝に位置する市場として賑わった海石榴市は金屋よりも南方にあり、初瀬詣の盛行に伴って道路が初瀬川沿いに変更され、市の場所も金屋に移ったとする推論を注記しています)

『蜻蛉日記』や『源氏物語』玉鬘巻、『小右記』などには、初瀬詣の人々の椿市での様子がよく描かれています。

けふも寺めく所に泊りて、又の日は椿市といふ所に泊る。
又の日、霜のいと白きに、詣でもし帰りもするなめり、脛を布の端して引きめぐらかしたる者ども、ありき違ひ騒ぐめり。蔀さし上げたる所に、宿りて、湯沸かしなどする程に、見れば、さまざまなる人の行き違ふ、おのがじしは思ふことこそはあらめと見ゆ。
(『蜻蛉日記』安和元[968]年九月)

からうじて、つばいちにいたりて、例のごと、とかくして出で立つ程に、日も暮れ果てぬ。(中略)椿市に帰りて、「としみ」など言ふなれど、われは猶精進なり。そこより初めて饗する所、行きもやらずあり。(『蜻蛉日記』天禄二[971]年七月)

からうして、椿市といふ所に、四日といふ巳の時ばかりに、生ける心地もせで、行き着きたまへり。(中略)大御燈明のことなど、ここにてし加へなどするほどに日暮れぬ。(『源氏物語』玉鬘巻)

寅剋許従此寺歩行参長谷寺、於途中朝食、午終到椿市、令交易御明・燈心器等、(中略)申時許参着御寺、(『小右記』正暦元年九月八日条)

払暁従御寺騎馬、(割注省略)罷出於椿市、国守聊有食儲、(『小右記』同月十一日条)

『蜻蛉日記』の最初の記述からは、身分も事情もさまざまの人々が初瀬観音の霊験に縋って椿市の地を行き交った様子が窺われます。
また『蜻蛉日記』の2つ目の記述と『源氏物語』玉鬘巻の描写、『小右記』の記述からは、椿市で長谷寺に参詣する仕度を整え、参詣後にはまた精進落しなどをしたことがわかります。
参詣の仕度の具体的な内容は、上記引用文に「大御燈明のこと」「御明・燈心器等」とあるように仏前に供える灯明などでした。
どのような理由があったのかはわかりませんが、椿市で仕度を整えた後、夜になってから長谷寺に入るのが常だったようです。

177tsubaichi_2 178tsubaichi_3 現在、桜井市金屋の集落に往時の椿市の面影は全く残っておらず、僅かに海石榴市観音堂にその名を留めるのみです。
海石榴市観音堂は、二体の観音石仏を本尊として安置しており、『奈良県の地名』によれば、一体には「元亀二[1571]年八月吉日」、もう一体には「元亀三[1572]年四月十八日」との銘が刻まれているそうです。
現存の石仏が祀られる以前から観音堂が存在したかどうかははっきりしません。

椿市から長谷寺までは、東へと初瀬川を遡る約4kmの道のりです。
両側を山に囲まれた谷中の道を、長谷寺へと登ってゆくことになります。

写真は、上から順に

  • 金屋の集落内に立つ、海石榴市の歴史を記した看板と海石榴市観音堂への道標
  • 海石榴市観音堂外観
  • 大和川(初瀬川)の川岸から見た金屋地区

です。撮影はすべて2007年11月。

【Data】
住所:奈良県桜井市金屋
交通:JR桜井線三輪駅または桜井駅・近鉄大阪線桜井駅下車徒歩20分
tel.:0744-42-9111(桜井市観光課)

【参考文献】
古代学協会, 古代学研究所編『平安時代史事典 CD-ROM版』角川学芸出版 2006年
平田喜信編集『源氏物語の鑑賞と基礎知識12 玉鬘』至文堂 2000年
角川文化振興財団編『古代地名大辞典』角川書店 1999年
平凡社編『奈良県の地名』(日本歴史地名大系30)平凡社 1981年
東京大学史料編纂所作成「古記録フルテキストデータベース

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« 「階」か「橋」か~『枕草子』能因本「黒木のはし」の正体~ | トップページ | 木津川・泉橋寺 »

縁の地」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113097/17200314

この記事へのトラックバック一覧です: 椿市(つばいち):

« 「階」か「橋」か~『枕草子』能因本「黒木のはし」の正体~ | トップページ | 木津川・泉橋寺 »