« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の記事

2008年1月25日 (金)

弘徽殿大后のネガとポジ

大塚ひかりさんの『「ブス論」で読む源氏物語』(講談社+α文庫 2000年)の中に、『源氏物語』に登場する「似ていない親子」の考察があります。
その中で大塚さんは、「弘徽殿大后と朱雀帝」「中将の君と浮舟」といった、性格も見た目も正反対の親子を取り上げ、けれでもそのちっとも似ていない親子の組み合わせがいかにも現実にありそうなリアリティをもって描かれていることを指摘しておられます。
これを読んでいて、『源氏物語』の中には非常に対照的に描かれている姉妹もいたことを思い出しました。
『源氏物語』に登場する姉妹と言うと誰もが真っ先に思い浮かべるのは宇治の大君と中の君でしょうが、ここで取り上げるのはこの2人ではなく、弘徽殿大后とその2人の妹、四の君(=頭中将の北の方)と朧月夜です。
(朧月夜が「六の君」(花宴巻)と呼ばれているので本当は6人姉妹ですが、具体的な人物像が描かれるのはこの3人だけです)

まず最初に弘徽殿大后のキャラクターを確認しておきましょう。
世間一般には「ブスで嫉妬深くて底意地の悪い年増女」という救いようのないイメージが流布している気がするのですが、原文を読むと、妹達がいずれも評判の美女であるところから推して本人もそれなりの美人だったのではないかと思われますし、性格的にもそこまでひどい人間という訳ではなく、彼女の立場に立てば概ね言動には筋が通っています。
原文から抽出できる性格の特徴を挙げてみます。

(1)思考が理知的・政治家的

上達部や殿上人も見て見ぬ振りをしていた桐壺帝の桐壺の更衣偏愛をただ1人諫めたり、息子の第一皇子(=朱雀帝)を飛び越して立坊しかねない第二皇子(=光源氏)の処遇に目を光らせたりと、桐壺巻のはじめから“あるべき身分秩序”という帝も逆らえない正論を打ち出しつつ、息子と実家の未来の繁栄を守ろうとする強い姿勢が見えます。
葵巻で、朧月夜と光源氏の結婚に反対してあくまで朱雀帝の後宮への参入を目指したのも、単なる源氏に対する敵愾心だけではなく、朱雀帝から次の世代に向けての外戚の地位確保の布石が失われることへの懸念もあったと考えられます。
(実際、朧月夜は朱雀帝の皇子を産まなかったため、御世替わりと同時に外戚としての権勢は新東宮の伯父である髭黒大将に移っています)
賢木~明石巻での光源氏失脚を狙う一連の言動も、本来なら先陣を切って自家の勢力拡大を企図しなければならない筈の父・右大臣よりもよほど思い切っていて政治家的です。

(2)我が強く他人への思いやりに欠ける

この点は上記の性格と表裏一体と言えます。
桐壺の更衣に対する嫌がらせや、更衣の死後も非難を緩めない苛烈な言動、悲嘆に暮れる桐壺帝の神経を逆撫でするような賑やかな管弦の遊びなど、同情心や思いやりに欠ける性格であることは覆うべくもありません。
桐壺巻から折に触れて点描される藤壺の宮との不仲も、弘徽殿大后の我の強さの産物でしょう。

(3)我が子を愛する普通の母親の一面も

(1)(2)のような冷たい面ばかりではなく、ごく普通の母親として子供への情愛をもっている面も、間接的にですが読み取れます。
ネガティブな形での表れ方ではありますが、息子が父親からも世間からも軽んじられていることに憤るのは普通の母親の普通の感情でしょうし、葵巻では愛娘の女三の宮が斎院に卜定されて桐壺院ともども別れを悲しんでいます。

(4)文化人らしき描写がない

作者には「濃やかな情感に欠ける人間は美も風雅も理解し得ない」という考えがあったようで、弘徽殿大后もその前提に従って造型されていると思われます。
桐壺巻で管弦の遊びを催したり、「かの鹿を馬と言ひけむ人のひがめるやうに追従する」(須磨巻)と秦の趙高の故事を踏まえた発言をしたりしていて、音楽にしろ漢文にしろ相応の教養を備えていたことが窺われるのですが、それが優美な文化人的イメージに結び付かないのが特徴です。

以上のような弘徽殿大后の特徴を確認した上で、四の君と朧月夜の性格を考えると、面白い構図が浮かび上がってきます。

四の君は、弘徽殿大后のミニチュアと言えるような存在です。
頭中将(帚木巻)と右近(夕顔巻)が語る、夕顔を脅して逃げ出させるという強硬なやり方は、弘徽殿大后の桐壺の更衣に対する言動と重なりますし、若菜下巻では、ただただ息子の容態が心配でならないとの一念から、女二の宮の嘆きも一条御息所の屈辱感も無視して一方的に柏木を一条宮から自邸に引き取る強引さを見せています。
一方で、絵合巻では弘徽殿大后や朧月夜の伝を頼って娘・弘徽殿の女御のために絵を収集したり、若菜上巻でも柏木への女三の宮降嫁を朧月夜を通して朱雀院に働きかけたりしており、家の繁栄と子供達の幸せを目指して夫に協力して動いている様子も見て取れます。
(余談ながら、若い頃は四の君が気に入らず浮気ばかりしていた頭中将が中年以降すっかり彼女の許に落ち着いたのは、こうした家運のかかった局面での働きを信頼したからではないかと思います)

一方、朧月夜はこうした姉2人とは正反対の性格をしています。
東宮へ入内予定の身でありながら源氏と恋仲になり、父右大臣が一時は「入内は諦めて源氏と結婚させようか」と折れかけるほどの慕いようを見せるところからは、権勢家の娘としての自分の義務や役割など全く理解していないか理解しても意に介していない風情が感じられますし、朱雀帝の寵愛を受けるようになっても尚源氏との逢瀬を続ける態度は、理性も秩序も政治的思惑も「だって好きなんだからしょうがないじゃない」の一言で蹴飛ばしてしまわんばかりの奔放さ・無邪気さです。
若菜上巻で関係の復活を求めてきた源氏に対して、躊躇しつつも結局は靡いてしまうところにも、情に厚すぎてその場の感情に流されやすい性格が表れています。
また、花宴巻の藤の宴の場面で女房の袖口や空薫物の気配などが派手で奥ゆかしさに欠けると源氏に批判される箇所がある以外、美的センスや文化的な雰囲気が言及されることのない右大臣家の人々の中で、唯一そうした方面に優れた人として描かれている点も目を引きます。
そして、我が子を思う母の情愛を見せる姉達に対し、子を産み家庭を築くことのなかった朧月夜に母としての側面はありません。

ここまで表裏の関係になるところを見ると、作者は意図的にこの三姉妹の設定を作り上げたと想像されます。
性格の似た姉妹や正反対の姉妹という2人の関係なら話は単純ですが、長女を軸に同じタイプとまるで違うタイプの2人の妹が対照的に位置づけられているというのが、この姉妹の面白いところです。
しかも、大塚ひかりさんの挙げる「似ていない親子」と同じく、両極端だけれどいずれもリアリティのある人物像になっているのですから唸らされます。
『源氏物語』作者の人間観察の細かさ・鋭さと血のつながりに対する興味の深さはつとに指摘されているところですが、右大臣家の娘達というどちらかと言えば脇役の三姉妹の造型にも、この点は確かに表れていると思います。

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

| | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »