« 法性寺 | トップページ | 御帳台 »

2008年2月16日 (土)

初瀬詣の道を辿る

『源氏物語』で玉鬘や浮舟が長谷観音の加護を求めて辿った初瀬詣の道のり。
平安時代は片道3・4日もかかる長旅でしたが、現在はその道を1日で辿ることができます。
道中の史跡を訪ねながら、現代の初瀬詣の旅をご紹介しましょう。

都の出立を京都駅に設定するなら、JR奈良線に乗るところから旅が始まります。

京都駅を出発して、最初の停車駅は、東福寺。
平安時代、この駅の200mほど北にある一橋小学校付近から次の稲荷山駅辺りにかけての広大な地域に、藤原忠平が建立した法性寺の大伽藍がありました。
都を出て宇治や大和へ向かう道筋のランドマークとして『源氏物語』や『蜻蛉日記』『更級日記』などに登場します。

更に15分ほど電車に揺られると、宇治川を越えて宇治駅に着きます。
宇治は、平安時代には貴族の別業が数多く営まれ、初瀬詣の際には往復とも中宿りに利用されました。
殊に『源氏物語』椎本巻で匂宮が初瀬詣の帰りに中宿りをする夕霧の宇治別業は、平等院の前身である藤原道長・頼通父子の別業「宇治殿」がモデルと見られています。

宇治から更に2駅先の新田駅は、みやこ路快速は停まらない駅ですが、周辺の大久保・広野付近が平安時代の栗隈郷と比定されており、この辺りの丘陵が『更級日記』に登場する「栗駒山」と見られています。
また、こちらも『源氏物語』には登場しないものの、『枕草子』の「初瀬に詣でしに、水鳥のひまなく居て、立ち騒ぎしが、いとをかしう見えしなり」(第三十五段「池は」)との記述をはじめとして『蜻蛉日記』『更級日記』にもその名が見える「贄野の池」は、中世末には消滅してしまったようで現在でははっきりした位置がわかりませんが、各書の注釈などは綴喜郡井手町付近としています。
私が見た中で一番詳しい記述がされていたのは『京都府の地名』で、綴喜郡井手町多賀の南谷川北側に生じた後背湿地と推定しています。
多賀は、新田駅から4つ先の山城多賀駅から直線距離で2kmほど東に位置していますので、この辺りのJR奈良線は平安時代の道よりもやや西を走っていることになります。

更に奈良線で南下してゆくと、木津駅に着く直前で木津川を渡ります。
木津川は平安時代には「泉川」と呼ばれ、渡し舟が往来していました。
JRの鉄橋より400mほど西の泉橋寺の門前に渡し場があったようです。
『源氏物語』宿木巻で、浮舟の初瀬詣に同行した女房が「泉川の舟渡りも、まことに、今日はいと恐ろしくこそありつれ」と語ったのは、ちょうどこの辺りのことです。

奈良線からそのまま関西本線(大和路線)に乗り入れ、終点の奈良駅に着いたらJR桜井線に乗り換えます。
奈良駅から30分ほど南に下った三輪駅で下車して20分ばかり歩くと、初瀬詣に向かう人々が参詣の準備を整えた椿市に着きます。
現在は桜井市が設置したと思われる看板が立っているだけで、清少納言が「大和にあまたあるなかに、長谷にまうづる人のかならずそこに泊るは、観音の縁のあるにやと、心異なり」(『枕草子』第十一段「市は」)と記した往時の面影を留めるものは何もありませんが、『源氏物語』玉鬘巻で玉鬘一行と右近が邂逅したのがこの場所です。

椿市からは、一旦初瀬川を渡って桜井駅まで歩き、近鉄大阪線に乗り込みます。
その名もずばりの長谷寺駅は、桜井駅から2つ目。
電車を降りると、駅から初瀬川までは急な下り坂で、川を渡ると今度は川の流れに沿うように長谷寺へ至る参道の緩やかな上り坂が続きます。
参道の道のりは、山に囲まれた谷間を山に向かって歩いているのがよくわかり、記紀・万葉の時代から「こもりくの初瀬」と詠われたこの土地の地形が実感できます。

駅から20分ほど歩くと、目的の長谷寺に到着です。
参道の終点は石段、そしてその先の仁王門をくぐると、長い長い登廊が姿を現します。
399段の登廊を上って、ようやくご本尊の観音菩薩像の前に辿り着きます。
現在は、本堂と礼堂の間の通路のようなところから仏様の姿を覗き込むような格好でのお参りになりますが、平安時代は堂内に局を設え、一晩中そこに籠って祈りを捧げました。
右近が局は、仏の右の方に近き間にしたり。この御師は、まだ深からねばにや、西の間に遠かりけるを、」「暮るれば、御堂に上りて、またの日も行なひ暮らしたまふ。」(『源氏物語』玉鬘巻)といった描写から、当時の参籠の様子が窺えます。

尚、私は気づかずに通り過ぎてしまったのですが、長谷寺の拝観案内パンフレットによると、境内東側にある駐車場前の初瀬川対岸には「玉鬘の大銀杏」と名づけられた銀杏の木が植わっており、また『源氏物語の鑑賞と基礎知識12 玉鬘』によれば、川にかかる小橋の欄干には、右近が「二本の杉のたちどを尋ねずは古川野辺に君を見ましや」(玉鬘巻)と詠んだ「古川野辺」の文字が刻まれているそうです。

以上の道のりは、『源氏物語』に登場しない場所を除き、実際に私が途中下車をしながら辿ってみたものです。
朝京都を出発すれば、日帰りで充分に行って戻ってくることができます。

【参考文献】
古代学協会, 古代学研究所編『平安時代史事典 CD-ROM版』角川学芸出版 2006年
平田喜信編集『源氏物語の鑑賞と基礎知識12 玉鬘』至文堂 2000年
平凡社[編]『京都府の地名』(日本歴史地名大系26)平凡社 1981年
総本山長谷寺『長谷寺』 ※拝観者用パンフレット

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« 法性寺 | トップページ | 御帳台 »

思いつきエッセイ」カテゴリの記事

縁の地」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113097/40126595

この記事へのトラックバック一覧です: 初瀬詣の道を辿る:

« 法性寺 | トップページ | 御帳台 »