« 御帳台 | トップページ | 『京都源氏物語地図』 »

2008年3月31日 (月)

裁縫

188saiho_1 衣裳を仕立てる裁縫は、女房のみならず、当時の女性全般にとって重要な仕事のひとつでした。
家刀自として、夫や子供など家族の衣裳を調える必要があったからです。

例えば『蜻蛉日記』には兼家から作者の許に仕立物の依頼が度々あったことが記されていますし、それが最後になると最早兼家の装束の用意をすることはなく、年末に道綱の新年の装束だけを用意するという、兼家との離別を印象付ける記述で終わっています。
つくり物語の例では、『落窪物語』で落窪の君が優れた裁縫の腕を持つために継母の北の方に常に縫い物を言いつけられており、落窪の君がいなくなってからは蔵人の少将(北の方の実子・三の君の婿)の衣裳を満足に用意できなくなってしまい、少将が腹を立てる場面があります。
女君の手による衣裳の調製や裁縫の技量が語られるのは『源氏物語』でも同じで、

旅の御宿直物など、調じてたてまつりたまふ。(須磨巻)

と、配所にある源氏の衣類を紫の上が仕立てて届ける場面がありますし、花散里も、家庭的な女性らしく裁縫や染色に優れた人で、

今朝の朝寒なるうちとけわざにや、もの裁ちなどするねび御達、御前にあまたして、細櫃めくものに、綿引きかけてまさぐる若人どもあり。(野分巻)

と、女房達に差配して夕霧の冬物の装束などを用意する様子が描かれています。
また雨夜の品定めの中でも、左馬頭が

龍田姫と言はむにもつきなからず、織女の手にも劣るまじくその方も具して、うるさくなむはべりし(帚木巻)

と死別した指喰いの女の裁縫・染色の腕を賞賛しており、『落窪物語』の例と同様、男性貴族にとっても妻の裁縫の能力の高さが重要だったことが伺えます。
(写真上は、2003年下半期風俗博物館展示より、渡殿の局で縫い物をする女房。
写真下は、いずれも風俗博物館展示より、冬支度の綿入れをする女房。左が2006年下半期、右が2004年上半期)

190saiho_3189saiho_2 季節毎の衣替えや新年の仕度だけでなく、行事儀式や祭見物などのために自分自身の装束を縫って用意することもありました。
特に主家の行事などにも侍り人目に触れる機会の多い女房達にとって、こうした特別な衣裳の用意は華やかで心浮き立つ行為の一方で、非常に頭を悩ます事柄でもあったようです。
そうした女房達の姿は、女房自身の手による作品の随所に描かれています。

高坏どもに火をともして、二人三人、三、四人、さべきどち、屏風ひき隔てたるもあり、几帳など隔てなどもしたり。また、さもあらで、集り居て、衣どもとぢ重ね、裳の腰さし、化粧するさまはさらにも言はず、髪などいふもの、明日より後は、ありがたげに見ゆ(『枕草子』二六三段「関白殿、二月二十一日に」)

積善寺供養前夜の女房達の様子です。
当日に同僚達をあっと言わせようというのか隔て隠して仕度をしている者、何人も集まって針を動かす者、化粧に念を入れ髪の手入れに熱中する者、と各々の熱気が伝わってきます。

その日になりぬれば、日ごろいつしかと待ち思ひたりつる若き人々は、また人の衣の色、匂ひにや劣らん勝らんの挑み、胸騒がしかるべし。(中略)局にはまた物縫ひ騒ぎて、「あないみじや。頭をだにこそつくろはね」など言ふもあり。また、し果てたるは、歯黒めつけなど、心のどかにわが身の化粧をし磨くもあり。(『栄花物語』巻第二十四「わかばえ」)

こちらは皇太后妍子の大饗を前にした枇杷殿の女房達の昂揚ぶり。
当日になっても縫い物が終わらず慌てている者もいれば、準備万端で悠然と化粧をしている者もあり、なんともリアルな描写です。
先に挙げた積善寺供養に勝るとも劣らぬ熱の入れようが感じられます。

人の局々には、大きやかなる袋、包ども持てちがひ、唐衣の縫物、裳、ひき結び、螺鈿、縫物、けしからぬまでして、ひき隠し、「扇を持て来ぬかな」など、言ひ交しつつ化粧じつくろふ。(『紫式部日記』寛弘五[1008]年九月十一日条)

続いてこちらは、敦成親王が無事に誕生し、御湯殿の儀を前にした女房達の様子です。
この先打ち続く祝いの儀式のために、里から新しい装束を運び込んだり、過剰なまでに刺繍や螺鈿などの凝った飾りを施したりしています。

いずれの例からも、行事を前にした女房達が化粧と並んで衣裳の新調にどれほど心を砕いていたかがよくわかります。

そして、こうした女房の熱気や慌ただしさを物語を展開させる原動力として巧みに取り込んでいるのが『源氏物語』です。

御禊明日とて、斎院にたてまつりたまふ女房十二人、ことに上臈にはあらぬ若き人、童女など、おのがじしもの縫ひ、化粧などしつつ、物見むと思ひまうくるも、とりどりに暇なげにて、御前の方しめやかにて、人しげからぬ折なりけり。(若菜下巻)

女三の宮方の女房や女童が、斎院の御禊を見物すべく裁縫やら化粧やらに余念のない様子です。
こうしてそれぞれが浮き足立って自分のことに気を取られている隙に、柏木は女三の宮の許に忍び込むのですが、その侵入を許す舞台設定として、祭見物のための縫い物が効果的に用いられています。

思ほしのたまへるさまを語りて、弁は、いとど慰めがたくくれ惑ひたり。皆人は心ゆきたるけしきにて、もの縫ひいとなみつつ、老いゆがめる容貌も知らず、つくろひさまよふにいよいよやつして、
「人はみないそぎたつめる袖の浦に
  一人藻塩を垂るる海人かな」
 と愁へきこゆれば、
 「塩垂るる海人の衣に異なれや
  浮きたる波に濡るるわが袖
(早蕨巻)

こちらは、匂宮によって二条院へ引き取られることになった中の君に従うべく、出立の仕度をする老女房達です。
新しい衣裳を仕立てたり化粧を施したりと忙しがっている立居振舞に、晴れがましい都入りに胸を膨らませる女房達の高揚感が表現されており、別離の悲しみと心細さに暮れる中の君や弁の尼との対照が際立ちます。
この場面は「国宝源氏物語絵巻」にも描かれているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

火明う灯して、もの縫ふ人、三、四人居たり。童のをかしげなる、糸をぞ縒る。(中略)右近、
「いとねぶたし。昨夜もすずろに起き明かしてき。明朝のほどにも、これは縫ひてむ。急がせたまふとも、御車は日たけてぞあらむ」
と言ひて、しさしたるものどもとり具して、几帳にうち掛けなどしつつ、うたた寝のさまに寄り臥しぬ。
(浮舟巻)

宇治に隠し据えられた浮舟を匂宮が探し当てて覗き見る場面ですが、ここで人々は翌日の石山詣に備えた裁縫に精を出しています。
その浮き立つ気分と単調な手先仕事が女房達の口を軽くさせ、匂宮の興味を掻き立てる会話が次々と展開される流れになっています。

こうして例を並べてみると、女房の重要な仕事のひとつとして日常生活の中で頻繁に行われた縫い物を、そのときの昂揚した気分まで含めて物語の場面展開に利用していることがわかります。
さすがに女性が書いた作品と言うべきでしょうか。

191saiho_4 また、『紫式部日記』には

内匠の蔵人は長押の下にゐて、あてきが縫ふ物の、重ねひねり教へなど、つくづくとしゐたるに、(寛弘五[1008]年十二月三十日条)

と、年末の行事も終わってくつろいだ中で内匠の蔵人が女童に裁縫を教えている記事がありますが、これも女の子にとって裁縫が必要不可欠な技術だったからこその光景でしょう。
(写真は、2003年下半期風俗博物館展示より、渡殿の局で女童に裁縫を教える女房)

最後に、誰しも覚えのある失敗を再び『枕草子』から。

とみの物縫ふに、かしこう縫ひつと思ふに、針を引き抜きつれば、はやく後を結ばざりけり。また、かへさまに縫ひたるも、ねたし。(第九一段「ねたきもの」)

短くてありぬべきもの とみのもの縫ふ糸。(第二二〇段「短くてありぬべきもの」)

急ぎの仕立物に追われた当時の女性達の仕事の一端が窺われる記述です。

裁縫についての仮名作品の記事は、活き活きと働く当時の女性達の姿を髣髴とさせてくれます。

【参考文献】
秋山虔, 小町谷照彦編『源氏物語図典』小学館 1997年
古典総合研究所作成「語彙検索
佐藤和雄氏作成「源氏物語の語彙検索(KWIC)

※この記事は、小池笑芭さんのWebサイト「源氏の部屋」に掲載していただいている「裁縫~女性の仕事の一片~」を加筆修正したものです。

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« 御帳台 | トップページ | 『京都源氏物語地図』 »

平安の風俗」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113097/40696104

この記事へのトラックバック一覧です: 裁縫:

» 【枕草子】の口コミ情報を探しているなら [人気のキーワードからまとめてサーチ!]
枕草子 に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています… [続きを読む]

受信: 2008年4月 3日 (木) 15時24分

« 御帳台 | トップページ | 『京都源氏物語地図』 »