« 2010年6月 | トップページ

2011年6月の記事

2011年6月12日 (日)

掲載記事のご案内

Blog「源氏物語」へようこそ!
このBlogでは、基本的に1記事読みきり・順不同で、『源氏物語』の場面解釈や物語に描かれた儀式・習慣、ゆかりの地などをご紹介しています。
記事数が増えてきたので、以下にカテゴリをもう1段階細かくした分類別で記事タイトルを並べてみました。
どんなテーマの記事が載っているのかを一覧していただけます。
記事索引の代わりとしてご活用ください。
(左サイドメニューの一番下にはBlog内検索機能もございますので、併せてどうぞ)
尚、◇◆はじめにお読みください◆◇カテゴリの記事は、ご面倒でも1度は必ずお目通しくださいますようお願い申し上げます。

☆最終更新:紫野斎院跡 [2011.6.12]

続きを読む "掲載記事のご案内"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

紫野斎院跡

225saiin_1斎院」という言葉は、一般的には賀茂の大神に仕える未婚の皇女・女王(=賀茂斎王)を指し、『源氏物語』にも「朝顔の斎院」と読者に呼び習わされる女性が登場しますが、本来は賀茂斎王の居所を指す言葉でした。
今回取り上げるのは、人物ではなく場所の方の斎院です。

賀茂斎王は、伊勢斎王(斎宮)と同じく新帝即位に伴って卜定され、宮城内の初斎院で潔斎した後、卜定から3年目の四月に賀茂川での禊を経て斎院に入りました。
以後は毎年四月の中の酉の日に行われる賀茂祭に奉仕し、祭に先立って斎院から賀茂川に出て行う御禊や、祭当日~翌日に斎院と上賀茂・下鴨両神社とを往復する斎王の行列は、都人のまたとない見物の対象でした。
『枕草子』には賀茂祭と還立(かへりだち。上賀茂神社から斎院への還御)を見物する人々の様子が活写されていますし、『源氏物語』葵巻に描かれる御禊見物を巡っての車争いはあまりにも有名です。

そうした行列の出発・終着点である斎院はどこにあったのか?と言うと、『文徳実録』仁寿二[852]年四月乙卯条に「是日。始入紫野斎院。」とあるのが斎院の場所が明記される最初の例とされており、建暦二[1212]年に最後の斎王・礼子内親王が退下して斎院制度が廃絶するまで、特に場所の変更はなかったようです。
一条朝の頃も斎院が紫野にあったことは、『源氏物語』賢木巻で源氏が雲林院に参籠する場面で
吹き交ふ風も近きほどにて、斎院にも聞こえたまひけり
と語られていることや、『枕草子』第三十八段「鳥は」の中に
祭の帰さ見るとて、雲林院、知足院などの前に車を立てたれば
と記されていることなどからも窺えます。

ここから更に進めて、紫野斎院の位置の特定を試みたのが角田文衞氏です。
角田氏は、平安時代のさまざまな文献から

  1. 斎院は、大宮末路の西側に接して営まれ、一条大宮と雲林院の中間に所在したこと
  2. 斎院の南に接して「南大路」と呼ばれる大路が東西に通じていたこと
  3. 斎院は南が正面であること
  4. 斎院は、方五十丈の敷地を占めていたとみなされること
  5. 斎院の西側を有栖川が流れていたこと

更に中世の文献から

  1. 大宮末路には、斎院の直ぐ南に石橋が架かっていたこと
  2. 有栖川は、「安居院北大路」をよぎり、東に屈折し、大宮末路の近くで舟岡方面から流れて来た小川と合流し、大宮末路を横切っていた(そこに石橋が架かっていた)こと

の合計7つの条件を抽出し、現在の京都市上京区大宮通廬山寺上る西入る社横町に鎮座する櫟谷七野神社を含む約150m四方の一画が紫野斎院であったと推定しています。
現在、櫟谷七野神社の境内には賀茂斎院跡顕彰碑が建てられ、角田氏の手になる斎院跡の説明板も設置されています。
斎院跡の解説パンフレットも販売されており、A4カラー印刷4ページの冊子に、顕彰碑の碑文と説明板の文章、歴代斎王の年譜、斎院跡の推定地を現在の区画に重ねた地図が掲載されています。

226saiin_2 尚、櫟谷七野神社は、社伝によると文徳天皇皇后・藤原明子が安産祈願のために春日明神を勧請したことに始まるとされていますが、角田氏の調査によればこの神社の存在が確認できる最古の史料は応永七[1400]年であり、平安時代から存在したとは考えにくいようです。
社名の「七野神社」は、紫野を含む船岡山麓一帯の7つの野の惣社として祀ったことに由来するとも、春日明神と合わせて伊勢・八幡・賀茂・松尾・平野・稲荷の六神を勧請したことによるとも言われていてはっきりしませんが、この点について角田氏は、斎院の守護神七柱(大殿神・地主神・御門神・御井神・庭火神・忌火神・御寵神)を斎院廃絶後に敷地内の一画に合祀したのが始まりで、祀られた神々が平凡で抽象的な屋敷神であるが故に、後になって信者獲得のために適当にご祭神を変更していったのではないか――と推測しています。
現在の櫟谷七野神社には、高沙大神・春日大神など合計22柱もの神々が祀られています。

京都市中心部からはちょっと行きにくく感じる場所かもしれませんが、ここから少し北東に歩けば雲林院、更に堀川通まで出れば紫式部墓所との伝承を持つ墳墓もありますし、逆に西に向かえば平安京建都の基準点となった船岡山や紫式部供養塔が境内に建つ引接寺(千本閻魔堂)も徒歩圏内です。
この辺り一帯の史跡を散策するつもりで訪れることをお薦めします。

写真は、上が櫟谷七野神社境内に建つ賀茂斎院跡顕彰碑、下が櫟谷七野神社入り口の鳥居です。いずれも2011年5月撮影。

【Data(櫟谷七野神社)】
住所:京都市上京区大宮通廬山寺上る西入る社横町277番地
交通:市バス天神公園前下車徒歩10分
拝観:境内自由(解説パンフレット1部100円)

【参考文献】
古代学協会, 古代学研究所編『平安時代史事典 CD- ROM版』角川学芸出版 2006年
国史大辞典編集委員会編『國史大辭典』吉川弘文館 1979-1997年
平凡社[編]『京都市の地名』(日本歴史地名大系27)平凡社 1979年
加納重文著『源氏物語の舞台を訪ねて』宮帯出版社 2011年
角田文衞「紫野斎院の所在地」(『王朝文化の諸相』〔法蔵館 1984年〕所収)
平安京探偵団「平安京を歩こう」内 紫野斎院跡
賀茂斎院跡パンフレット

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。
 にほんブログ村 
本ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ

| | トラックバック (1)

使用テキスト一覧

記事の中で引用している作品の典拠を、以下に挙げておきます(排列は書名の50音順)。
お手持ちの本で内容を確認なさったりする際の参考になさってください。
特に『枕草子』は、校訂者によって段数の付け方がかなり異なりますのでご注意を。

伊勢集
:平野由紀子校注(新日本古典文学大系28『平安私家集』)岩波書店 1994年
うつほ物語
:中野幸一校訂(新編日本古典文学全集第14-16巻)小学館 1999-2002年
栄花物語
:山中裕[ほか]校訂(新編日本古典文学全集第31-33巻)小学館 1995-1998年
延喜式
:黒板勝美, 國史大系編修會編(國史大系第26)新訂増補版 吉川弘文館 1972年
大鏡
:橘健二, 加藤静子校注(新編日本古典文学全集第34巻)小学館 1996年
懐風藻
:塙保己一編(群書類従第8輯)訂正3版 続群書類従完成會 1960年
河海抄
:(源氏物語古註釈大成第6巻)日本図書センター 1978年
楽考
:市島謙吉校訂(新井白石全集第6巻)吉川半七 1907年
餝抄
:塙保己一編(群書類従第8輯)訂正3版 続群書類従完成會 1960年
北山殿行幸記
:塙保己一編(群書類従第3輯)訂正3版 続群書類従完成會 1960年
教訓抄
:植木行宣校訂(日本思想大系第23巻『古代中世芸術論』)岩波書店 1973年
玉英記抄
:竹内理三編(續史料大成18)臨川書店 1967年
源氏物語
:渋谷栄一校訂「源氏物語の世界
源氏物語湖月抄
:有川武彦校訂(講談社学術文庫)講談社 1982年
原中最秘抄
:(源氏物語古註釈大成第8巻)日本図書センター 1978年
源平盛衰記
:市古貞次[ほか]校訂(中世の文学)三弥井書店 1991-1998年
江家次第
:故實叢書編集部編(故實叢書第2巻)改訂増補版 明治図書出版 1993年
古今和歌集
:窪田章一郎校注(角川文庫ソフィア)角川書店 1973年
後拾遺和歌集
:久保田淳, 平田喜信校注(新日本古典文学大系第8巻)岩波書店 1994年
後撰和歌集
:片桐洋一校訂(新日本古典文学大系第6巻)岩波書店 1990年
作庭記
:林屋辰三郎校訂(日本思想大系第23巻『古代中世芸術論』)岩波書店 1973年
左経記
:増補史料大成刊行会編(増補史料大成第6巻)臨川書店 1965年
狭衣物語
:小町谷照彦, 後藤祥子校訂(新編日本古典文学全集第29-30巻)小学館 1999-2001年
雑秘別録
塙保己一編(群書類従第19輯)訂正3版 続群書類従完成會 1960年
更級日記
:原岡文子校訂(角川ソフィア文庫)角川書店 2003年
紫明抄
:(源氏物語古註釈大成第7巻)日本図書センター 1978年
拾遺和歌集
:小町谷照彦校訂(新日本古典文学大系第7巻)岩波書店 1990年
拾芥抄
:故實叢書編集部編(故實叢書第22巻)改訂増補版 明治図書出版 1993年
装束抄
:塙保己一編(群書類従第8輯)訂正3版 続群書類従完成會 1960年
小右記
東京大学史料編纂所作成「古記録フルテキストデータベース
 『大日本古記録』(岩波書店 1959-1986年)tiff版
新儀式
:塙保己一編(群書類従第6輯)訂正3版 続群書類従完成會 1960年
新古今和歌集
:田中裕, 赤瀬信吾校注(新日本古典文学大系第11巻)岩波書店 1992年
仁智要録
:神宮司廳編『古事類苑43 楽舞部一』普及版 古事類苑刊行會 1931年
西宮記
:故實叢書編集部編(故實叢書第6-7巻)改訂増補版 明治図書出版 1993年
世俗浅深秘抄
:塙保己一編(群書類従第26輯)訂正3版 続群書類従完成會 1960年
竹取物語
:片桐洋一校注(新編日本古典文学全集)小学館 1994年
中右記
東京大学史料編纂所作成「古記録フルテキストデータベース
 『大日本古記録』(岩波書店 1993-2005年)tiff版
長秋記
:増補史料大成刊行会編(増補史料大成第17巻)臨川書店 1965年
土左日記
:鈴木知太郎校訂(岩波文庫)岩波書店 1979年
とりかえばや物語
:石埜敬子校訂(新編日本古典文学全集第39巻)小学館 2002年
日本紀略
:黒板勝美, 國史大系編修會編(國史大系新訂増補版)吉川弘文館 1965年
日本三代実録
:黒板勝美, 國史大系編修會編(國史大系新訂増補版)吉川弘文館 1934年
日本書紀
:小島憲之[ほか]校訂(新編日本古典文学全集第2-4巻)小学館 1994-1998年
白氏文集
:佐久節校訂『白楽天全詩集』復刻愛蔵版 日本図書センター 1978年
 *訓読文含む
舞曲口傳
:塙保己一編(群書類従第19輯)訂正3版 続群書類従完成會 1960年
風土記
:植垣節也校訂(新編日本古典文学全集第5巻)小学館 1997年
平家物語
:市古貞次校注(新編日本古典文学全集第45-46巻)小学館 1994年
法華経
:坂本幸男, 岩本裕訳注(岩波文庫 青(33)-304-1~3)改版 岩波書店 1976年
 *訓読文含む
枕草子
:石田穣二校訂(角川文庫ソフィア)角川書店 1979-1980年
枕草子(能因本)
:松尾聰, 永井和子校訂(日本古典文学全集)小学館 1972年
満佐須計装束抄
:塙保己一編(群書類従第8輯)訂正3版 続群書類従完成會 1960年
増鏡
:時枝誠記, 木藤才藏校注(日本古典文学大系87)岩波書店 1965年
御堂関白記
東京大学史料編纂所作成「古記録フルテキストデータベース
 『大日本古記録』(岩波書店 1952-1954年)tiff版
岷江入楚
:中野幸一編(源氏物語古註釈叢刊第6-9巻)武蔵野書院 1984-2000年
村上天皇御記
:和田英松纂輯(増補史料大成第1巻『歴代宸記』)臨川書店 1965年
紫式部集
:渋谷栄一校訂「源氏物語の世界
紫式部日記
:渋谷栄一校訂「源氏物語の世界
文徳実録
:経済雜誌社編(國史大系3)経済雜誌社 1897年
吏部王記
:米田雄介, 吉岡真之校訂(史料纂集39)続群書類従完成会 1980年
類聚符宣抄
:黒板勝美, 國史大系編修會編(國史大系第27)新訂増補版 吉川弘文館 1965年
和名類聚抄
:正宗敦夫編纂校訂(覆刻日本古典全集)現代思潮社 1978年

上記に書名の挙がっていない歌集
:「新編国歌大観」編集委員会編『新編国歌大観』角川書店 1983-1992年
 *一部に仮名から漢字への置き換えあり

※このリストは、引用文献が増えたらその都度更新していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ